プロはコレを使ってる!「最旬ツヤっぽ目元をつくる」アイシャドウ3選

写真拡大 (全4枚)

今季のトレンド顔をつくるのに欠かせない“ツヤ感”。まぶたにツヤ感を演出するというと、流行りの“アイグロス”などを想像しがちですが、普段使い慣れているパウダータイプのアイシャドウでも、ツヤっぽく見せることは可能なんです!

そこで今回は、メイクアップアーティストである筆者が、現場でも実際に使っているオススメアイシャドウをご紹介します。

■1:アディクション ザ アイシャドウ 78 サクラストーム ¥2,000(税抜)

ザ アイシャドウ_078Sakura Storm

豊富なカラーバリエーションとコストパフォーマンスの高さも人気なアディクション。パールがとても微細で、肌にのせた瞬間ピタッと密着し、まるでクリームアイシャドウをつけたようなツヤ質感が実現できます。

ペールカラーをアイホールに広げ、艶っぽいベースをつくるのがトレンド!

■2:NARS デュオアイシャドー 3067 ¥4,200(税抜)

NARS Duo Eyeshadow 3067

プロのなかでも愛用率の高いNARSの『デュオアイシャドー』。超微粒子のパウダーで発色が実に鮮やかなのも人気の理由。

パールが細かく、肌にのせるとまるでシルクのような輝きを放つその質感は、単色はもちろん、ブレンドしても鮮やかさは損なわれません。

■3:M・A・C スモール アイシャドウ クランベリー ¥2,400(税抜)

ImgLibrary-EyeShadow-SushiFlower-72

いわずと知れた人気を誇るM・A・C。その豊富で絶妙なカラーバリエーションは、色選びに迷ってしまうほど。

オススメは、アイホールにペールカラーを広げたら、このアイシャドウを目のキワから上に向かってぼかすという使い方。絶妙なアクセントとなり、少しセクシーな印象に仕上がります。

赤みのある色は、膨張してみえがち。一重や奥二重の人は、目のキワに濃くライン状にいれ、範囲が広くなりすぎないように注意しましょう。

クリーム系だとヨレやすくてちょっと……という方は、ぜひパウダーアイシャドウでツヤ感を体感してみませんか?

【参考】

※ ザ アイシャドウ 78 サクラストーム - アディクション

※ デュオアイシャドー 3067 - NARS

※ スモール アイシャドウ クランベリー - M・A・C

【筆者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

【画像】

※ dachazworks / Shutterstock