インテージリサーチは、昨年に引き続き、全国の20歳以上の男女1万人を対象に『ふるさと名物に関する知名度調査』を実施した。昨年調査したふるさと名物3300産品に、全国の各自治体がふるさと納税の返礼品に用いている産品を追加。今年は約5000産品の知名度を調査、分析した。

全国知名度が上位10の産品を見ると、1位は2年連続で北海道の「白い恋人」(86.0%)、2位は京都府の「生八ツ橋」(79.8%)、3位は沖縄県の「ちんすこう」(79.0%)。1位から4位は昨年の調査結果から変動がなかった。

ふるさと名物に関する知名度調査

昨年に比べ最も知名度が上昇したのは、静岡県の「黒はんぺん」で知名度3.6ポイント増の21.3%。2位は兵庫県の「淡路島たまねぎ」で3.4ポイント増、3位は山梨県の「桔梗信玄餅」で2.7ポイント増だった。

ふるさと名物に関する知名度調査

新規の調査産品の中で最も知名度が高かったのは、長野県の「信州そば」で55.9%だった。

ふるさと名物に関する知名度調査

各都道府県内における知名度と全国知名度のギャップに関しては、34都道府県の151産品に70ポイント以上の知名度ギャップが見られた。

ふるさと名物に関する知名度調査

ふるさと納税の受入額と返礼品の知名度の関係を見ると、ふるさと納税受入額の上位30に入った自治体の約6割において、返礼品に全国知名度40%以上の産品が含まれていた。

ふるさと名物に関する知名度調査

【調査概要】
調査地域:全国
調査対象者:“マイティ・モニター”全国20歳以上79歳までの男女個人(1万466サンプル回収)
調査期間:2016年3月28日(月)〜3月30日(水)

文/編集部