米国発「サイコバニー」が日本で本格展開 2017年初頭に路面店の出店も

写真拡大

 伊藤忠商事が、米国発のファッションブランド「サイコバニー(PSYCHO BUNNY)」を2017年春夏シーズンから本格展開する。2014年秋冬シーズンから手がけているインナーウエアと服飾雑貨分野に加えて、今回は主力アイテムであるアパレル分野のマスターライセンス権を獲得。ブランドのイメージを総合的に打ち出し、価値向上と認知度拡大に向けてブランディングを強化する。5年後にはブランドの単独店舗を30店舗まで拡大し、2017年初頭には路面店の出店を計画しているという。 「サイコバニー」が日本で本格展開の画像を拡大

 「サイコバニー」は、英国の老舗ブランド「ターンブル&アッサー(Turnbull & Asser)」で修業を積み、「ポロ・ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)」のネクタイデザイナーとして活動したロバート・ゴドレーが2005年に設立。バニー(ラビット)とスカルを組み合わせたトレードマークを特徴とし、トラッドやプレッピーなどトラディッショナルなスタイルを提案している。ネクタイに加え、ポロシャツやTシャツなどアパレル分野でアイテムを拡充し、現在は「ブルーミングデールズ(bloomingdale's)」や「ノードストローム(Nordstrom)」といった大手百貨店を中心に取り扱われている。 日本で新たに展開を開始するアパレル分野は伊藤忠商事の子会社であるジョイックスコーポレーションが手がけ、2017年春夏シーズンはジャケット(3〜4万円)やポロシャツ(1万4,000円〜1万6,000円)、パンツ(1万5,000円〜2万円)などをそろえる。既存アイテムは引き続き百貨店を中心に展開を拡大。ブランド全体の売上は初年度で小売上代ベース20億円、5年後には40億円を目指す。2017年春夏シーズンの展示会にあわせて、今年10月にロバート・ゴドレーが来日する予定だ。