26日、韓国メディアによると、北朝鮮の対韓国工作機関が、海外に滞在する韓国人を対象とするテロを準備するため、中国や東南アジアに約10のテロ実行グループを派遣したことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はカンボジア。

写真拡大

2016年7月26日、韓国・YTNによると、北朝鮮の偵察総局をはじめとする対韓国工作機関が、海外に滞在する韓国人を対象とするテロを準備するため、中国や東南アジアに約10のテロ実行グループを派遣したことが分かった。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は4月、中国にある北朝鮮レストランの従業員13人の集団脱出を受け、報復テロをするよう指示を出していた。

北朝鮮の事情に詳しい消息筋は、「金委員長が集団脱出事件と関連して『百倍千倍の報復』を指示した。北朝鮮の工作機関は金委員長への忠誠心をアピールするため、具体的なテロ計画を検討している」と述べた。また、「北朝鮮の工作機関は現在、10以上のテログループを中国の瀋陽・丹東などに派遣し、テロ活動を督励している。4月末に中国の長白県で起きた朝鮮族牧師殺害事件は北朝鮮の国家安全保衛部が派遣したテログループの犯行だ」と明らかにした。さらに、偵察総局がカンボジアやラオスなどにテログループを派遣し、海外在住の韓国人を対象とするテロを模索していることが分かっている上、事業推進を口実に韓国人をおびき寄せ、拉致する作戦も検討されている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「そんなことをしていると、北朝鮮は世界からイスラム国のような扱いを受けることになるよ?」
「北朝鮮がこんなにも好戦的なのに、韓国はサードミサイル配備に反対し、世論の分裂を引き起こそうとする人であふれている。おかしな国だ」

「本当にひどい。他国でテロをするなんて信じられない。北朝鮮はイスラム国より残忍」
「今年中に必ず、北朝鮮で反乱が起こるだろう」

「派遣したテログループが集団で亡命したら、金正恩は気絶するだろうな…」
「やられてばかりいないで、韓国も金正恩を捕まえるためのテログループを作ろう」

「同じ民族なのに、どうしてここまで違うの?」
「北朝鮮の市民が勝手に脱北したのに、なぜ報復する?」(翻訳・編集/堂本)