26日、中国の南シナ海宣伝ビデオがニューヨークのタイムズスクエアに登場した。1日120回再生されている。資料写真。

写真拡大

2016年7月26日、新華網によると、中国の南シナ海宣伝ビデオがニューヨークのタイムズスクエアに登場した。1日120回再生されている。

米ニューヨークのタイムズスクエアの「中国スクリーン」では23日から南シナ海宣伝ビデオが公開されている。中国が南シナ海の領有権を持つとの主張を紹介し、国際仲裁裁判所判決の真実を暴くという約3分の動画だ。

「中国スクリーン」は2011年に中国国有通信社・新華社の子会社が設置したもので、主に中国の観光地の宣伝動画などを配信している。(翻訳・編集/増田聡太郎)