髪の毛も日焼けする!美髪のために知っておくべきUVケア

写真拡大

夏は屋外での公園遊びやレジャーが楽しい反面、紫外線ダメージが気になりますよね。

顔のUVケアはばっちりの方は多いかと思いますが、髪のケアはしていますか? 実は髪の毛も顔と同じように、日焼けをしたり、老化が進んだりするのです。今回は、今の時期にマストの紫外線対策を紹介していきます。
紫外線の髪の毛への影響
実は、髪の毛も肌と同じで、紫外線を浴びることでダメージを受けています。外部の刺激から守り、髪の中の水分を保つ役割を果たすキューティクルがめくれてしまうのです。すると、パサつきやゴワゴワ感、切れ毛、枝毛、乾燥の原因となってしまいます。また、髪の毛の黒色を作っている色素“メラニン”も分解され、色が赤く焼けたような、退色の原因にも。

­

そこで大切なのが髪の毛のUVケアです。しっかりとUVケアを行えば、紫外線の影響は充分に防ぐことができるのです。
お出かけ前には、UVカットヘアスプレー
肌には日焼け止めが欠かせないけど、髪の毛は“すっぴん”のままという方も多いのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが、簡単にUVケアできるヘアスプレーです。気になる時にシュッとスプレーするだけで手間いらず。また,UVケアできるヘアコロンスプレーもあるので、自分好みのスプレーを探してみましょう。

一日屋外で遊んだ夜は、ヘアパックで集中ケア
紫外線を浴びてしまった髪は、水分が失われパサパサの乾燥状態になっています。乾燥状態を修復するためには、ヘアパックで集中ケアをしましょう。ヘアパックは、トリートメントよりテクスチャーが固いので、髪に塗るとその場所に長く留まり、髪の内部までしっかり浸透します。

­

一日屋外で過ごした夜は、お風呂でヘアパックケアし、しっかり時間を置いて、潤いを与えて。肌と同じで、ダメージを受け乾燥した髪は、より外部からの刺激に弱くなります。特に気になる時は、パックを塗ったら温かいタオルで包み、時間を置くとより浸透しますよ。
子どもと公園に行くときは、日傘や帽子を被ろう!
日中、お出かけする時には日傘や帽子が必需品。この何気なくやっている紫外線ケアが、髪の毛の紫外線ダメージを最小限にしてくれます。

­

UVケアとして一番簡単なのは、髪に紫外線を直接当てないこと! さらに、日傘や帽子の紫外線対策と合わせて、髪用日焼け止めでケアすれば完璧ですよ。

­

選ぶポイントとして、帽子はできるだけツバが広めのものを被ると、首やうなじの辺りも紫外線から守ることができます。日傘は、色が黒やネイビーのものを選ぶとより効果的です。

­

“髪は女性の命”と言われるように、髪がきれいな女性は清潔感もあり「美容に力を入れているキレイなママ」の印象がありますよね。逆にパサついていると、どことなく老けている印象に。パサパサになる前に、今年の夏は髪の紫外線対策も取り入れてみて下さいね!

­

<プロフィール>

宮村さき

美容ライター/コスメコンシェルジュ

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。

­

写真© kei907 - Fotolia.com