写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は7月27日、新型「Eクラス」を発表した。

新型「Eクラス」では、新開発のディーゼルエンジンに、軽量設計とセグメントトップレベルの空力特性を組み合わせることで、セグメント最高レベルの燃費効率を実現。また、メルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れたエクステエリアと上質なインテリアを備え、スタイリッシュなプレミアムセダンへと生まれ変わった。

さらに、混雑時や高速道路での渋滞の際にドライバーの負担を減らす新技術「ドライブパイロット」を搭載。同技術は、先行車との車間距離および周囲の交通状況を常に監視することで、従来よりもステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大した。車線が不明瞭または表示されていない場合でも自動で先行車に追従するほか、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内であれば自動再発進が可能となった。

このほか、「アクティブレーンチェンジングアシスト」を初めて導入。高速道路走行中にステアリングパイロットが起動している際に、ドライバーがウィンカーを2秒以上点滅させると、車両周囲を監視しているセンサーがほかの車両との衝突の危険が無いことを確認し、安全が確認された場合に自動で車線変更する。また、走行中にドライバーが失神するなど万が一の場合に自動的に車線を維持しながらゆるやかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界で初めて搭載した。

なお、発売は「E 200 アバンギャルド」および「E 200 アバンギャルド スポーツ」が同日より、「E 200 4MATIC アバンギャルド」、「E 220 d アバンギャルド」、 「E 220 d アバンギャルド スポーツ」、「E 250 アバンギャルド スポーツ」、「E 400 4MATIC エクスクルーシブ」は10月以降を予定している。それぞれの価格は以下の通り。

・E 200 アバンギャルド (2.0L、直4直噴ターボ) 675万円
・E 200 4MATIC アバンギャルド (2.0L、直4直噴ターボ) 698万円
・E 220 d アバンギャルド (2.0L、直4直噴ディーゼルターボ) 698万円
・E 200 アバンギャルド スポーツ (2.0L、直4直噴ターボ) 727万円
・E 220 d アバンギャルド スポーツ (2.0L、直4直噴ディーゼルターボ) 750万円
・E 250 アバンギャルド スポーツ (2.0L、直4直噴ターボ) 756万円
・E 400 4MATIC エクスクルーシブ (3.5L、V6直噴ターボ) 988万円

(神山翔)