動脈硬化を乳酸菌で改善(shutterstock.com)

写真拡大

 脳卒中と心疾患は言わずと知れた現代病――。日本人の死因の第1位はがんだが、それに続いて3人に1人が脳卒中や心疾患で命を落としていると言われている。この脳卒中と心疾患のリスクファクターとして、高血圧や糖尿病と並んで挙げられるのが、脂質異常症、つまり高コレステロールだ。

動脈硬化を促進するコレステロール

 コレステロールは体の中に存在する脂質の一種だ。その7割が肝臓をはじめとした体内で合成され、残りは食物など体外から摂取される。

 コレステロールというと「悪者」というイメージがあるが、実は人体に不可欠な存在でもある。我々の体を構成している数十兆個に及ぶ細胞を包む膜の原料となったり、ストレスを受けたとき心身の活力を高める副腎皮質ホルモンなどの材料になったり、脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の材料にもなっている。

 通常、健康な人であれば、体内で一定量のコレステロールが保たれる機能が働き、食事で多少大目に摂取したところで、体内で合成される分が減るなど調整が行われる。ところが、コレステロールの摂取が多すぎたり、加齢や運動不足などの原因から、血液中のコレステロールが過剰になると問題が起こる。

 血中のコレステロールが増えすぎると、中性脂肪などとともに血管に溜まり、血管の内腔を狭くしていく。よく古くなったゴムホースにたとえられるが、血管は弾力を失って硬くなり、ボロボロになっていく。これが動脈硬化だ。

 動脈硬化自体、症状があるわけでもなく、それが直接の死因となるわけでもない。しかし、狭くなった内腔に血栓が詰まると、組織に血液が巡らなくなる。それが脳で起これば脳卒中、心臓で起これば心筋梗塞となる。そこまでいかなくとも、細動脈硬化によって脳の認知が悪くなったり、腎臓に影響を及ぼすなど、体の様々な不調の原因となる。これが高コレステロールの怖い点だ。

悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)

 ただ、コレステロールの過剰といっても、単にコレステロール値が高いからすぐに悪いというものでもない。そこで問題になるのが、いわゆる悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)だ。

 もともとLDLコレステロールは、コレステロールの運搬役を担っているが、過剰になると血液中に溜まり、動脈硬化を促進する原因となる。一方、HDLコレステロールは、血液中に残ったコレステロールを肝臓に運ぶ、いわば回収役となる。

 つまり、LDLコレステロールは増えすぎないほうがよく、HDLコレステロールの値は高いほうがよい。このため、総コレステロールの値だけでなく、これら悪玉と善玉コレステロールの割合も問題となる。
乳酸菌でコレステロールの値を調整

 コレステロールの値を調節するためには、やはり生活習慣を改善することが大切になってくる。食べ過ぎや脂肪食の多い食生活を避け、適度な運動を続ける。

 そんなときに役立つのが乳酸菌だ。乳酸菌にはコレステロール値の上昇を抑制し、LDLとHDLの割合を調整するなどの効果があることは、これまで多くの実験で証明されてきている。

 古くは1970年代に発酵乳を用いたマサイ人の実験の報告がある。1990年代に入ってからはプラセボを用いた実験なども行われるようになり、血中の総コレステロールだけではなく、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪との関連なども調べられるようになった。

 たとえば、ガセリ菌SP株を含む発酵乳を血中総コレステロール値が高めの男性群に、1日200g、11週間摂取してもらい、摂取終了時に非摂取群およびプラセボ発酵乳摂取群と比較したところ、総コレステロール値が有意に低下したという報告がある。一方、同じような実験で、血中総コレステロールには明らかな差がなかったものの、HDLコレステロールが有意に増加したという報告もある。

 なお、通常余分なコレステロールは、腸内細菌によって2次胆汁酸やコプロスタノールという物質に分解され、便中に排泄される。ビフィズス菌は腸内のコレステロールのおよそ50%をコプロスタノールに分解する働きがあることも分かってきた。

 脂質異常症に悩む人、あるいはその予防のためには、食生活を見直すとともに、乳酸菌やビフィズス菌を上手に利用することをおすすめする。

 コレステロールに関連する乳酸菌には、GCL1176株、BC90株、N-1株、SBT2055株(ガセリ菌SP株)などがあげられる。


後藤利夫(ごとう・としお)
1988年 東京大学医学部卒業。1992年東京大学附属病院内科助手。現在、新宿大腸クリニック院長。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック公式HP http://www.daicho-clinic.com