検体の取り違えはなぜ起こる?(shutterstock.com)

写真拡大

 手術の必要がないのに乳房を切除された――。

 病理検体の取り違えは、重大な医療過誤につながる。別人の標本が登録されて、不要な治療や手術を受けたり、その逆が起きたりすることで、患者が不利益を被る。

 2015年12月、千葉県がんセンターは、県内に住む30代の早期乳がん患者が、すぐに手術の必要がないのに右乳房をすべて切除するミスを起こしたと発表した。細胞の検査結果を、50代の進行性の乳がん患者と取り違えたのが原因だという。

 また、今年4月には、高砂市民病院(兵庫県高砂市)による検体の取り違えで乳がんと誤診され、右乳房の一部を切除した20代女性が、市に約1850万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが報じられた。手術が必要な50代女性の検体と取り違えたことが判明しており、市民病院側はミスを認めて女性側に謝罪していた。

 検体とは、検査の対象とする人体から採取されたものをさす。病理検体は、臨床検査技師によって病理標本が作製されたあと、病理医が顕微鏡で観察して診断書が作成される。

 臨床医の採取から病理診断書を受け取るまでの過程の多くが手作業。マニュアル・アナログの爛蹇璽謄瓩多く、ヒューマンエラーによる検体の取り違えが生じるリスクなくならないのだ。

 日本の医療の解決すべき課題として、病理医の不足、病理部門の体制のもろさがある。前述の千葉県がんセンターの取り違え事故では、院内事故調査委員会が、問題点として、病理部門の体制の脆弱性を指摘している。

 こうした事件の多くでは、病理医だけでなく臨床医も、「あれっ?」と思う瞬間があったに違いない。そのタイミングで確認作業ができていれば、単純な取り違え事故の大部分は防げたはずである。

 「臨床医が病理診断部門に問い合わせる」「病理医が病棟に電話する」これだけでも効果的だ。術前に行われる症例検討会・カンファレンスで、臨床医と病理医が顔を合わせていたら、必ずやこの取り違えは防げていただろう。

 厚生労働省の調査によると、2014年に全国の病院で病理診断が行われた件数は約375万件。05年から1.75倍に増えている。増加の要因は、病理診断をするがんなど病気の種類の増加や、求められる役割の広がりにある。作業量に対して病理部門の体制が追いついていないのが現状なのだ。
実際に経験した「検体の取り違え」の危険

 かくいう私も、あわや検体の取り違えに巻き込まれそうになったことがある。

 上腹部の違和感を訴える中年男性が、某病院で胃の内視鏡検査を受けた。潰瘍部からの生検で低分化型腺がんと病理診断されたため、大学病院を紹介された。大学病院で胃内視鏡検査による胃生検が何度か行われたが、結果はすべて陰性だった。

 さて、困ったのは手術予定を組んだ外科医だ。いったん、がん細胞が確認されたのだから、やはり手術をしようと患者さんへ説明をしたが......。

 待ったをかけたのは病理医である私だった。すぐに、最初の病院から問題の病理標本をとり寄せると、明らかな腺がんが顕微鏡下に現れた。それはどう見ても高度に浸潤する胃がんの姿で、内視鏡でみつからないとは思えない。そこで私は「検体取り違え」を疑った。

 病理標本ができるまでには、手作業による多くのステップがある。

 内視鏡室で患者名を記したホルマリン入りの容器に生検標本を入れ、申し込み伝票とともに病理診断部門に送る。病理診断部門では標本に受付番号をつけ、組織をパラフィン(ろう)に包埋し、顕微鏡用標本に薄切後スライドガラスに貼りつけて染色する。

 病理医は受付番号と患者名を確認しつつ病理診断する。手術材料では、「切り出し」という病理医による病変部や切除断端部からの顕微鏡標本用のサンプリングが行われる。すべて、病理技師と病理医の共同作業である。

 いずれのステップでも標本を取り違える可能性がある。

 結局この検体は、すでに進行胃がんで手術された別の女性のものだということが判明した。どうやってわかったか?  組織切片上での「血液型鑑定」が決め手だった。

 血液型物質に対する抗体を使った免疫染色で、赤血球や血管内皮細胞に発現する血液型物質が判定される。中年男性はO型のはずなのに、がんの標本はB型。かの進行がん女性患者の血液型もB型だった。

 そして、その女性から同日採取され、慢性胃炎(悪性像なし)と診断されていた標本の血液型はO型だった。一件落着。1週間ほど入院期間は延びたが、この男性患者の胃袋は今でも無事だ。

・・・・・・・・・・・・・・・

 前立腺生検はお尻から内視鏡を入れて、直腸経由で前立腺に針を刺すという、患者さんにとってけっこうたいへんな検査だ。肛門部の皮膚からも麻酔下で針を刺して、計10本以上(多いときは20本)の組織が採取される。

 直径1ミリ、長さ1,5センチ程度の円柱状の組織片である。場所柄、あられもない格好で検査を受ける。二度三度検査を受けたい人はまずいないだろう。

 生検標本はホルマリンという固定液に容れて、病理診断部門へと提出される。生検が行われる外来手術室で、この貴重な生検標本の2人分を1つのビンに入れてしまう間違いが生じた。顕微鏡では、組織の一部だけにがん細胞が観察された。さて、どちらの人ががんだったのか? 

 これも、血液型判定で無事、決着がついた。


堤寛(つつみ・ゆたか)
藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。