“危ない精神薬”が次々と販売中止に(shutterstock.com)

写真拡大

「飲む拘束衣」とも呼ばれる向精神薬の「ベゲタミン」が、今年いっぱいで販売中止となる方向だ。日本精神神経学会はかねてより、製造発売元のシオノギ製薬に販売中止を要請。同社はとうとう、その要請に応じた。

 ベゲタミンは、強力な鎮静催眠作用のある向精神薬だ。「飲む拘束衣」とは穏やかな表現ではないが、患者を「鎮静させる=おとなしくさせる」ことができる強力な薬で、1957年に発売されて以来、興奮や不眠の症状が強い統合失調症患者などに処方されてきた。

 眠らせる力が非常に強いため、「いろいろな薬を試したけれど眠れない」という人の切り札として一定の支持を得た。

 しかし、次第に副作用の強さや依存性が危険視されるようになり、現在はあまり使われてはいない。特に医療機関が薬の管理をしきれない外来患者への処方は、ほぼ行われてはいない。

 依存性が高いということは、その薬を飲まないと不安になったり、ふるえなどの離脱症状が出て落ち着かなくなり、かえって眠りづらくなる、つまり中毒性が生じるということだ。これは麻薬と同じである。

 またベゲタミンは、耐性の強さも問題視されてきた。飲み続けるほど耐性が強まり、摂取量が増えやすい薬なのだ。薬ほしさに、いよいよ医師の処方以上、つまり過量服薬(オーバードーズ)してしまうと、薬物の血中濃度がぐんと上昇する。適切な治療域から中毒域まで入り込んで、重篤な副作用を引き起こす。

 そして最も問題視されてきたのが副作用だ。オーバードーズすると、いっきに意識消失し、呼吸が止まったり、血圧が下がる症状が出る。そのまま死に至る危険性も十分にある。

 精神科領域では、明確な自殺目的ではなくても、「ラクになりたい」とオーバードーズするケースが多々ある。今どきの向精神薬では、そうそう死ねないものだが、ベゲタミンは致死量が低いので、実際に亡くなる人がいるのは関係者の間では周知のことだ。
「フワっとした脱力感」「ブッ飛べる」睡眠薬・エリミンも昨年で販売中止

 ベゲタミン同様、依存性の高い薬として名高かった睡眠薬の「エリミン」も、昨年11月で販売中止となっている。1977年より40年近く発売されてきた、これも古い薬だ。

 エリミンが長らく根強い人気を誇ってきた理由は、睡眠効果の高さだけでなく筋弛緩作用の気持ちよさにある。エリミンを服薬すると、眠くなる前に強い筋弛緩作用が生じ、ふわっとした脱力感がクセになる。つまり、これも中毒性をもたらすのだ。

 筋弛緩作用は、ほかの睡眠薬にも認められるが、エリミンのそれは強力で、飲酒や麻薬に似た気持ちよさがある。また、お酒と併用すると"ブッ飛べる"ことでも有名だ。処方薬という正規ルートで入手できるドラッグだったといえる。

 真っ赤なパッケージで、見た目にも「ヤバいクスリ」の印象を与えるエリミンは、「赤玉」という俗称で乱用され、裏売買も横行されてきた。ある時期から精神科のドクターたちは、エリミンをほしがる患者を警戒し、その処方を控えるようになっていた。

 睡眠薬の類いに依存性はつきものだが、今は研究開発が進み、副作用や依存性が少なくてコントロールしやすい安全性の高い睡眠薬が、バリエーション多く登場している。

 また精神科領域も、インフォームド・コンセントが浸透しつつある。もちろん、どれだけしっかり話し合えるかは、病院や医師にもよるのだが、良い医師とめぐりあえれば、じっくり相談しながら、自分に合う薬を探っていけるものだ。

 ベゲタミンやエリミンのような危険性のある古いタイプの薬は、今後、次第に姿を消していくだろう。製薬会社にしてみたら、採算の取れない薬は淘汰の対象なのだから。また、向精神薬の強力さが、当事者にとって絶対的な拘束衣に匹敵した時代も、ますます遺物となっていくだろう。
(文=編集部)