パスタが“ダイエットの味方”に!?(shutterstock.com)

写真拡大

 イタリア料理でおなじみのパスタ(スパゲッティやマカロニ類)。近年では、炭水化物は血糖値の急な上昇を招き、その結果、中性脂肪が蓄積して......。パスタには"ダイエットの敵"という烙印が押され、敬遠している人も少なくない。

 とはいえ、老若男女に愛されるパスタに、名誉挽回の報告がもたらされた。適度な摂取を守れば、むしろ「減量」に有効だとする新たな知見が、本場イタリアの学者陣から公表された。

 2万人弱ものイタリア人のデータを念入りに分析した結果、適度なパスタの摂取は巷間に浸透する先入観とは違い、「過体重」や「肥満リスクの低下」と関連することが判明したというのだ。

 その詳細は7月4日の『Nutrition and Diabetes』(オンライン版)に掲載された。報告の筆頭著者にして疫学・予防医学の専門家、イタリアはポッツィッリにあるIRCCS Istituto Neurologico Mediterraneo NeuromedのGeorge Pounis氏は、次のように語る。

 「今回の我々の知見により、個人の嗜好でパスタ料理を楽しむことは正常範囲内のBMIを維持し、ウエスト周囲長を減らし、ウエスト・ヒップ比を改善することにつながる可能性が示されたと考えている」

パスタはダイエットの悪役か!?

 そのカギは、「地中海食」との併食性にあるようだ。オリーブ油をふんだんに用いて、穀物や豆類、野菜や果物、鶏肉や魚などを楽しむ地中海料理――。

 かねてから、心臓病やがん、あるいはアルツハイマーなどの神経変性疾患のリスクを減少させるという、その効用に関しては複数の研究報告がなされてきた。

 関連記事 「『地中海ダイエット』がテロメアの長さに影響! 新たな効果判明でブーム再燃か?」「アルツハイマーになるリスクを50%以上減らす! 楽に実践できる『MIND食』とは?」

 しかし、その地中海エリアでは「主食」とされる肝心なパスタ類の、健康に占める影響度についてはこれまで明らかにされてこなかったのも事実だ。

 Pounis氏は再度、こう強調する。「パスタを食べることが体重増加につながることはない。適度の摂取であればむしろその逆であることが、今回の知見で示唆された」
"ダイエットの味方"に転じさせるには

 研究に際しては、2万3000人強のイタリア人を対象とした2種類の大規模研究データから有効なものが用いられた。

 うち1件は、イタリア半島南部に位置する「モリーゼ州」の住民らを対象としたMoli-saniプロジェクトのもの。もう一方は、イタリア全域の食習慣を調査した「全国健康栄養調査(INHES)」の結果がサンプルに選ばれた。

 解析の結果、両群の男女いずれにも共通の傾向が読み取れた。それは、パスタの摂取量が多い人ほど、総じて「地中海食」を食す頻度も高いことだ。

 加えて、パスタの摂取量がBMIやウエスト周囲長、ウエスト・ヒップ比との逆相関を示し、過体重や肥満の元凶とされる世間の印象に反して"有病率の低下"につながる、という意外な関連性が読み取れたわけだ。

 ただ、研究班は「適度」と慎重な言い回しを用いながら、具体的にどの程度の量までパスタを摂取できるかに関しては明確な言及を避けている。

パスタを食べるなら地中海食で

 しかし、Pounis氏の同僚で責任著者であるLicia Iacoviello氏の補足説明が、パスタ善悪論の分水嶺を物語ってもいる。
 
 「肥満の人々は総じて、適正体重〜過体重の層に較べると高齢で、ウエスト周囲長やウエスト・ヒップ比も大きかった。正直なところ、社会経済的な地位が低く、1日当たりのパスタの消費量も多いという顕著な傾向が見られる」

 つまり、パスタ悪玉説を覆す今回の知見は、一緒に味わう「地中海食」の頻度を条件としている。そう、「パスタも食べたい、ダイエットも成功させたい」ならば、地中海食でいただくべき。パスタを楽しみたければ、単品は避けておいたほうがよさそうだ。
(文=編集部)