「応援団を応援したい」高校生1000人が挑んだ一発勝負のサプライズが感動的!

写真拡大

いつも他人を応援している“応援委員”を全校生徒がサプライズで“逆応援”する感動の青春スペシャルムービー『サプライズ★エール!』が、7/26公開された。

「いい夏にしたい!」を応援するプロジェクト

『サプライズ★エール!〜1000人の高校生が挑む一発勝負のパフォーマンス〜』は、今しかない青春をかけぬける学生達の“いい夏にしたい!”という、熱い気持ちを応援する「カルピスウォーター presents ぜったい、いい夏プロジェクト」によるWEBムービー。

いつも誰かのために頑張って、みんなを励ましてくれる“応援委員”を「応援したい」という千葉県・私立成田高校の生徒の想いを応援するため、約1ヶ月に渡り密着。

高校生たちのリアルな青春をおさめた、ちょっと泣けるムービーになっている。

サプライズを仕掛ける高校生たちに密着!

千葉県・私立成田高校の伝統行事「部活動壮行会」。

吹奏楽部・チアリーダー・応援団で構成される“応援委員”が、夏の大会を前に部活に励む生徒たちを精一杯応援する。

sub1

「応援委員」は、壮行会や夏の部活動応援に向け、休み時間も声が枯れるまで応援練習に取り組む毎日。

sub5

sub6

そんな、いつも誰かのために頑張っている“応援委員”に「ありがとう」を伝えたいと、一部の生徒が立ち上がる。

sub8

生徒たちは、自ら“サプライズメンバー”を結成。

応援委員に「ありがとう」を伝えるため、サプライズパフォーマンスを計画する。

sub7

一発勝負のパフォーマンスに想いをかける!

サプライズ決行の場は、恒例行事「部活動壮行会」。

パフォーマンスは一発勝負、失敗は許されない。しかも、練習期間はたったの3週間。

生徒たちは、部活の合間や休み時間を利用し、猛特訓を続ける。

sub10

新しいメンバーも続々と“サプライズメンバー”に参加して、計画はどんどん大きなものになっていく。

慣れないパフォーマンスに不安の表情も…。

sub9

―――そして、2016年6月29日。「部活壮行会」本番。

何も知らない応援委員たちが、応援パフォーマンスを披露する。

sub11

出番を緊張MAXの表情で待つ“サプライズメンバー”

sub13

壮行会終盤、サプライズアナウンスが流れ、驚きを隠せない“応援委員”のメンバー。

main

この表情!

sub2

全校生徒が、練習の成果を披露!

sub3

体育館を埋め尽くす生徒たちのペンライトが感動的。

sub12

サプライズ成功後、校庭に打ち上げられた花火を見上げる。絶対に忘れない夏になりそう!

sub4

「フラッシュモブでプロポーズ」的なものにドン引きするタイプの筆者も、高校生たちのこのサプライズには感動。

「いつも誰かを応援している人を今度は自分が応援したい」という、高校生のピュアで優しい気持ちが、「頑張ってもそれほど応援してもらえなくなる大人」にとっては、キラキラしていて眩しすぎる。