写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LCLは7月27日、「2016年夏休みの帰省交通手段と予算、予約に関する調査」の結果を発表した。調査は、2016年8月に高速バス・飛行機・新幹線いずれかの交通手段で首都圏以外の実家に帰省予定の首都圏在住男女300名を対象にインターネットで行われた。

帰省予算の全国平均は、3万1,560円という結果に。地方別では、九州への帰省が最も高額だった。高速バス・飛行機・新幹線の3つの交通手段のうち、一番低予算で済むのは高速バス。飛行機や新幹線と比較すると、約半額〜3分の1の費用で帰省できることがわかった。

主に利用予定の交通手段を聞くと、近畿よりも中国・四国への移動の方がバス利用者が多い結果に。特に四国への移動は、途中から在来線に乗り換えが必要なせいか、新幹線利用者の割合は少なめ。九州地方へ高速バスで移動すると答えた人はわずか2%だった。

出発日の何日前に予約(購入)するか聞いたところ、飛行機の予約は平均42日前。早く購入するほど割引率が高い航空会社が多いためか、早めに予約する人が多いようだ。高速バスと新幹線の予約は、平均で20日前という結果だった。

帰省の往路のピークは8月10日〜13日となり、最も多かったのが今年からはじまる国民の休日「山の日」(8月11日)の前日となる8月10日。復路(Uターン)のピークは8月15日〜16日という結果だった。

交通手段を選ぶにあたって重視するポイントを聞くと、全ての交通手段で「いかに安く予約するか」を重視する人が圧倒的多数を占めた。飛行機・新幹線を選ぶ人は「所要時間の短さ」も重視。高速バスは「出発/到着の場所の利便性」が飛行機・新幹線より高い結果になった。