モノトーンの反動。ピンクを着る人がじわじわ増えている

写真拡大

Alexaさん(@alexachung)が投稿した写真 -

アレクサ・チャンは、白×黒のハードなスタイルのうえにピンクを羽織っています。パンツの素材が、クールさを保つ役目を果たしてくれています。

トレンドのあとにくるのはその反動。

色を使っていたとしても2色。色味は白、黒、グレーなどとにかくシンプルだったこの春夏。ノームコアやアスレジャーの流行で、モノトーンやワントーンのコーディネートをよく目にしました。

でも、そろそろこの反動が出てきているようです。じわじわ増えてきているのがピンクを使ったコーディネート。

ガーリーすぎないピンク使いが主流

リース・ウィザースプーンは、パステルピンク地の花柄ワンピを着用。花柄がネイビーで小花過ぎないので、ガーリーにはなりすぎません。

シルクのキャミソールを着ているのは、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー。ボトムスが黒なので、たとえピンクでも甘くなりすぎません。

取り入れやすいのは、ピンクのボトムス

@uniqlo_ginzaが投稿した写真 -

カーキとの相性がいいのが、スモーキーピンク。カジュアルなカーキをきれいめに見せてくれます。足元もヌーディピンクにすれば、統一感あるすっきりしたコーディネートが完成。

日本では、ボトムスにピンクを取り入れる人が目立ちます。思いっきりヴィヴィッドなピンクに白のトップスで、コントラストをくっきりと。

リネン素材のピンクは、夏にぴったり。こちらも黒と合わせて甘さを控えめに。

@__mihi__が投稿した写真 -


いつも着ているシンプルな白いTシャツにマジェンダピンクを合わせるだけで、夏の日差しに映えるスタイルに。

モノトーンに少し飽きてきたら、ピンクをプラスするだけで気分転換になる。やっぱりファッションは、自分の気分を上げてくれる魔法です。

image via Shutterstock

文/ダーシー