(C)mika ninagawa' Courtesy of Tomio Koyama Gallery

写真拡大

 「さくらん」や「ヘルタースケルター」の監督としても知られる写真家・蜷川実花が、2013年から2015年にかけて撮りためた日本各地の“花火”と国内外の“フェス”の写真をまとめた最新写真集『Light of』が2016年7月26日(火)に発売された。

 2011年の桜を写した写真集『桜』から5年。長岡の花火の写真でラッピングされた上越新幹線の運行や、2016年8月26日(金)・27日(土)に放送予定の24時間テレビ(日本テレビ)のチャリTシャツを手がけるなど、この夏も注目を集める蜷川実花の季節感あふれる写真集。

光の軌跡に手を伸ばす 空は恐ろしいほど、深く青く高い 光を捕まえたい 助けを求めるその刹那、私達は幸福の中にいる

蜷川実花

 光を捕まえようとする写真家がシャッターを押す刹那、人びとの手が助けを求めるかのように差しのばされる。「光」そのものを写したかつてない写真集で、未知の写真体験を楽しもう。

 また、2016年7月22日(金)より写真展「Light of」が「THE PRAK・ING GINZA」に手開催。同写真集収録作品から、蜷川自身による展示構成での展開が予定されている。

■『Light of』

著:蜷川実花

発売日:2016年7月26日(火)

出版社:河出書房新社

■写真展 Mika Ninagawa「Light of」

日程:2016年7月22日(金)〜8月16日(火)

場所:ザ・パーキング銀座

住所:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービルB3F

協力:小山登美夫ギャラリー、河出書房新社

※掲載内容は変更になる場合があります。