■夏といえば、ラフティングが最高っ!

 インバウンドで冬の北海道がスゴイ! とは耳にしていたが、2016年6月にはリゾート地として名高い留寿都(ルスツ)村に『ウェスティン ルスツリゾート』がグランドオープン、もはや一年を通じて訪日観光客の増加は確実だろう。冬はパウダースノーを求め、夏は広い大地と大空を求め、ダイナミックな四季の変化が存分に味わえる北海道。夏休みの計画を立てている皆様のために、一足お先に記者がチョイ贅沢な夏休みを体験してまいりました!

 夏の北海道で挑戦してみたかったのが、ラフティング。今回は「ニセコ ラフティング クラブ」主催のツアーに参加して、約90分かけて尻別川を下ります。ドライスーツはじめ必要なものはすべてレンタルできるので、夏場なら水着の上にTシャツ&短パンがオススメだとか。もちろん、川に出るまで専任のスタッフがきっちり指導してくれるので頼もしい限り。この安心感、とっても大事ですよね。

 尻別川に到着後、レクチャーを受けてから恐る恐る、みな初心者同士、川の中へガシガシ入っていきます。すると、ドライスーツの効果は絶大ですね、誰でもプッカリ浮かんで、水の冷たさも感じません。ちなみに、メガネは外した方がいいのですが、希望すれば流されないようにヒモで止めてくれます。

 さて、待ちに待った尻別川ラフティング。今回のツアーは初心者向けなので、雄大な羊蹄山を眺めながらのゆったりコースで、時折、ちょっとした急流にドキドキするほどなのでお子様でも十分に楽しめます。途中、スタッフの指定する場所で川に飛び込んでみたり、川に流れに身を任せたり。全身の力を抜いて、ただ流されていく自分、振り返ってこのひとときがものすごく気持ちよくって。例年5〜10月がシーズンなので、夏のアクティビティにぴったりです。

チーム一丸となって、浮くことを確かめます。すでにみんな笑顔です。
チーム一丸となって、浮くことを確かめます。すでにみんな笑顔です。

初心者コースは、穏やかに、気持ちよく清流を下っていきます。
初心者コースは、穏やかに、気持ちよく清流を下っていきます。

時折、体が大きく揺さぶられるものの、みんなと力を合わせて乗り切ります。
時折、体が大きく揺さぶられるものの、みんなと力を合わせて乗り切ります。

流れが穏やかなところでは、キャッキャとボートから飛び込んだりして。
流れが穏やかなところでは、キャッキャとボートから飛び込んだりして。

■いつまでも感じていたい、“雲の上の寝心地”って!?

 宿泊は、チョイ(かなり)贅沢に『ウェスティン ルスツリゾート』へ。支笏洞爺国立公園に囲まれた北海道留寿都村の高原にある抜群のロケーション、新千歳空港から車で約90分とアクセスもいい。ウェスティンの、世界共通のホスピタリティがここ留寿都で堪能できる。

 部屋は全室メゾネットタイプで、家族でゆったりと過ごせる空間は、まさにラグジュアリー。しかも、ウェスティンといえば“雲の上の寝心地”と評されるオリジナルの「ヘブンリーベッド」を標準装備。体を優しく包み込んでくれる寝心地は、どれほど心と体をリフレッシュしてくることか体験していただきたいですね。寝室からの素敵すぎる眺めと合わせて、優雅な目覚めのひとときを味わうのがオススメです。

 遊び疲れた体をリフレッシュ、それなら露天風呂付きの大浴場はいかがです? 

部屋のバスルームも快適ですが、大浴場ならではの開放感がたまりません。お風呂で一息ついたら、お待たせしました、美味なる食に舌鼓です。ホテル内には、カジュアルレストラン「アトリウム」、伝統的な和食が堪能できる「風花(かざはな)」が北海道の新鮮な食材を用いた豊富なメニューを提供。これまた贅沢なひとときがゆるりと過ぎていきます。
 
 その他、24時間利用できるフィットネスジムや、隣接するゴルフ場「ルスツリゾートゴルフ72」など、寝ている時間さえもったいない(とはいえ、「ヘブンリーベッド」からなかなか抜けられない)魅力にあふれる『ウェスティン ルスツリゾート』。ご家族の誕生日や記念日など、特別な日に是非とも味わっていただきたい空間がここにはあります。

高原の中にスクッと立つ、23階建ての『ウェスティン ルスツリゾート』。
高原の中にスクッと立つ、23階建ての『ウェスティン ルスツリゾート』。

くつろげるリビング、最もコンパクトな部屋でも最大4名の宿泊が可能。
くつろげるリビング、最もコンパクトな部屋でも最大4名の宿泊が可能。

メゾネットタイプの明るく開放的な空間は、移動することさえ気持ちいい。
メゾネットタイプの明るく開放的な空間は、移動することさえ気持ちいい。

贅沢なベッドルームから眺め、天候次第では見事な雲海に出会えるかも!?
贅沢なベッドルームから眺め、天候次第では見事な雲海に出会えるかも!?

ホテルの朝食、ウェスティンなら間違いなし。ブッフェスタイルのパンが絶品!
ホテルの朝食、ウェスティンなら間違いなし。ブッフェスタイルのパンが絶品!

■見所盛りだくさんのルスツリゾート、「幸せの鐘」を鳴らすのはあなただ!

 ここルスツは、漢字で留寿都と書いて「寿の留まる都」と非常に縁起の良い地名なんだとか。『ウェスティン ルスツリゾート』がある一帯は、北海道最大の遊園地とゴルフ場がある「ルスツリゾート」で、四季を通じて数々のアクティビティや見所が多い場所。

 散策がてら、遊園地を抜けてゴンドラに乗れば、羊蹄パノラマテラスに到着。ここからは、アイヌ語でマテネシリ(女山)と呼ばれて女性の魅力がアップする羊蹄山と、ピンネシリ(男山)と呼ばれる尻別岳の絶景が望めます。この二つの山は、古くから夫婦岳として親しまれているのだそう。ちなみに、この場所は、羊蹄山からのエネルギーが流れるパワースポットで、観光客に人気の「幸せの鐘」があります。もちろん、鐘を鳴らしましたとも。普通は2回鳴らせばいいところ、3回も鳴らしてしまい、自分の欲深さに反省です。

 子どもも大人も心待ちの夏休み。機会がありましたら、北海道留寿都村へ行ってみてはいかがでしょう? 札幌駅と新千歳空港発着のバスも利用できるので、車(レンタカー)がなくても大丈夫です。ルスツに足を踏み入れれば、景色といい、空気といい、一瞬でこの土地のファンになりますから。

ルスツリゾート遊園地では、熱気球フライト体験や乗馬も楽しめる。
ルスツリゾート遊園地では、熱気球フライト体験や乗馬も楽しめる。

羊蹄パノラマテラスから眺めた羊蹄山。富士山に似た姿から蝦夷富士とも。
羊蹄パノラマテラスから眺めた羊蹄山。富士山に似た姿から蝦夷富士とも。

「幸せの鐘」が設置されている羊蹄パノラマテラスへは遊園地からゴンドラ利用。
「幸せの鐘」が設置されている羊蹄パノラマテラスへは遊園地からゴンドラ利用。

「幸せの鐘」を鳴らした後は、遠くの洞爺湖をバックに記念撮影をお楽しみください。
「幸せの鐘」を鳴らした後は、遠くの洞爺湖をバックに記念撮影をお楽しみください。

遊園地にある、ノスタルジックなメリーゴーランド。あのM・ジャクソンが所有していたものと姉妹機だそう!
遊園地にある、ノスタルジックなメリーゴーランド。あのM・ジャクソンが所有していたものと姉妹機だそう!

■関連情報

ニセコ ラフティング クラブ
http://www.nr-club.com

ウェスティン ルスツリゾート
http://www.westinrusutsu.com

ルスツリゾート北海道
http://rusutsu.co.jp

文/堀田成敏