独女が結婚する近道!?まず積極的に作るべきは「男友達」だった

写真拡大

「今年こそ結婚したいけど、出会いがない」「出会いはあっても、まともな男が全然いない」と嘆いているアラサー独女たち……そんな女性は、まず男友達づくりから取り組んでみてはいかがでしょうか?

男友達は、女友達よりも堅実で新たな出会いを持ってきてくれるうえ、男性ウケする新たな趣味が見つかる可能性も。そのメリットを紹介しつつ、簡単に男友達を増やすにはどうすべきか、また気を付けるポイントを見ていきましょう。

◆信頼できる、趣味が広がる……男友達のメリット

「友達の紹介で……」というきっかけで付き合い始めたカップルも少なくないでしょう。やはり男女問わず、友達はいろいろな新たな出会いを持ってきてくれるのですが……実は女友達が連れてくる男よりも、男友達からの紹介のほうが断然、今後につながりやすいのです。

女友達は次々と新たな合コンを持ってくるので、出会いには事欠かないかもしれません。ただし、本気で将来を考えたいなら、断然、男友達からの紹介がベター。

というのも、合コンをじゃんじゃん持ってくる女性の周りには、結婚やお付き合いのためというよりも、「ただ楽しく飲みたい、遊びたい」という男性が多く集まりがち。なので本命には向かない場合が多いのです。

その点、男友達は「こいつめっちゃいいヤツでさ」と素性がキチンとした男性を連れてきてくれます。男の友情は厚いので、もし仲のいい男友達からの紹介なら、その信頼度は抜群です。

さらに、新たな男友達ができることで、普段女性同士ではあまりやらないアクティビティに挑戦する機会が増えることも。例えば海釣り、ロッククライミング、競馬やボートレースなどでしょうか。

もし男性に愛好者の多い趣味ができれば、また別の男性と出会った時に、「あ、それやったことあるよ!」とその趣味の話で盛り上がるかも。男友達と遊んで、男性の趣味に敏感になっておくことも大きなメリットとなります。

Group of friends having a toast

◆男友達を簡単に増やす方法

では男友達をつくるにはどうすればいいか。簡単なのは、知り合った相手の中で「人として良い!」と目星をつけた人と飲み会を繰り返すこと。例えば飲み会で知り合った人に「この日って空いてませんか?飲み会しません?可愛い子連れてきます」と送るだけでOK。

飲み会が終わってから2か月以内に、自ら誘って2回目を開くのがベスト。日付もちゃんと指定しましょう。「また飲みましょう」の「また」は永遠に訪れません。

「可愛い女友達多いです」アピールも非常に有効です。そんな流れで「じゃあまた別メンツで」と2人で飲み会を繰り返していけば、わりと戦友的な意識が芽生えてラクに友達に昇格できます。

そのうち彼の周りと自分の周りの友達同士も親しくなり、飲み会だけでなく、バーベキュー、キャンプなどレジャーも一緒に楽しめる間柄になれれば大成功。めんどくさがらず、2回目に自ら誘うことが大切です。

ちなみに友達になりたい男性から「今度2人で食事に行こう」と誘われがちなモテ子さんは、相手の好意を受け止めつつ、「友達が出会いを欲しがってるから飲み会して」と言うのを繰り返してみましょう。

しだいに彼は自分に興味のないあなたよりも、あなたの紹介した友達を気に入り、「あの子を紹介してくれたいいやつ」とターゲットから友達に移行……となれば、いい友達関係になれる可能性十分です。

◆男友達との正しい付き合い方

しかしながら「『男友達』となると、逆に何喋っていいかわかんない」と付き合い方に困る方もいるかもしれません。当然、女友達とのように、とりとめのないことをダラダラ喋って……という接し方ではうんざりされがち。そもそも女性が悩むような細かいことを、男性はいちいち考えていないので、相談をしても無駄です。

それよりもスポーツ等の趣味だったり、食べ物・お酒の話など、ありきたりなものの方がいいでしょう。その場の話題にちゃんと対応できる子、ノリを合わせられたり、会話に参加して笑ってくれる子なら、友達として合格です。

ちなみに彼氏がいる人はしっかりとその旨を伝えておきましょう。友達に恋愛面でのウソはNGです。「でも癒やされたいから、イケメンがいたら飲み会開いてね」と言っとけば大丈夫です。

学生時代とは異なり、社会人は自分から攻めにいかないと、なかなか仕事外での友達は増えていきません。しかし、自分を成長させてくれたり、いろんな出会いをもたらしてくれるのはやっぱり友達。女友達はもちろん、男友達も積極的につくっていけば、素敵な出会いもグッと増えるはずです。