2,000年前のシルクロードの「トイレットペーパー」からわかったこと

写真拡大

中国・敦煌近くで発見された2,000年前の「トイレットペーパー代わりの布」が分析された。その結果、当時の旅人たちは、シルクロードを寄生虫とともに移動していたことがわかった。

「2,000年前のシルクロードの「トイレットペーパー」からわかったこと」の写真・リンク付きの記事はこちら

中国西部、敦煌近くのトイレで発見された2,000年前の布が分析された。その結果、西暦100年ころの旅人たちは、その後「シルクロード」と呼ばれるようになった当時の漢王朝によって支配された道を通って旅行し、遥かな道のりを寄生虫とともに移動していたことが明らかになった。

『Journal of Archaeological Science』に7月22日付けで発表された論文によれば、中国と英国の考古学者からなるグループが、シルクロードの宿駅「懸泉置」のトイレで使われていたトイレットペーパー代わりの棒に、排泄物がついていたことを発見したという。

懸泉置は1987年に発見され、90年から本格的な発掘調査が行われてきた。シルクロード初期である数百年の間、漢王朝によって維持されてきた多くのオアシスのひとつである(ケンブリッジ大学の人類学者ピアーズ・ミッチェルのレポートによれば、懸泉置は紀元前111年に開設され、紀元109年まで使われていたという。地図上の場所はこちら)。

RELATED

懸泉置は灼熱のタクラマカン砂漠に近く、この乾いた土地は2,000年前の貴重な品々を保存してきた(保存状態のいい1万5,000点以上の木簡・竹簡や文具、陶器、貨幣、衣類、農具などがこの場所で発見されている)。懸泉置のトイレで見つかった「布きれを巻きつけた棒」の束もそのなかのひとつだ。

考古学者たちは、付着物をこすり落とし、研究所に送って分析した。普通の顕微鏡で調べただけで、当時の旅人たちのなかには深刻な腹痛を患っていた者がいたことがわかった。腸内寄生虫の卵は、数千年経ても良好な状態を保っていたのだ。

ミッチェルによれば、研究チームは、回虫、鞭虫、条虫、そして肝吸虫の卵を確認することができたという。なかでも研究チームが注目したのは肝吸虫だ。この寄生虫はもともと湿地の多い中国南部に生息しており、砂漠の敦煌で感染したとは考えられないからだという。

シルクロードという名は、もともとは19世紀のドイツの地理学者リヒトホーフェンが名づけたものである。リヒトホーフェンの弟子で1900年に楼蘭の遺跡を発見したスウェーデンの地理学者ヘディンが、自らの中央アジア旅行記の書名としてこの名称を用い、これが1938年に『The Silk Road』の題名で英訳されて広く知られるようになった。しかし、シルクロードが栄えていた紀元前100年〜紀元1400年には、この道はさまざまな名で呼ばれ、ルートも多様だったと考えられている。

懸泉置で発見されたトイレットペーパー代わりの棒は、シルクロードの初期、交易路が漢王朝の兵士や役人に管理されていたころのものだ。その後、紀元6〜7世紀ころには、旅人たちはこの道を現在のウズベキスタンにある大きな交易都市の名をつけて「サマルカンドへの道」と呼んでいた。

のちに中世になると、この交易路はモンゴル人によって整備・管理されることになる。そして、15世紀に海上通商航路が出現したことによって、シルクロードは次第に廃れていった。だが、2,000年間にわたって人の移動や交易を支えてきたこの道の文化的影響力は非常に大きいものだった。今回の研究は、そんなシルクロードの実態に新しい光を当てたことになる。