空を飛ぶVR体験で絶叫!大人気の「スカイサーカス」に行ってみた

写真拡大

「東京を、空からおもしろく」

 をコンセプトにサンシャイン60(東京・池袋)が新たに立ち上げた「スカイサーカス(SKY CIRCUS)」。2016年4月21日のオープン初日から、客足は途絶えることがありません。

 サンシャイン60といえば、大人も子供も楽しめるプレイスポット&デートスポット。ここは押さえておくべき、と高所恐怖症ヘタレ二人組、森と尾山が挑んできました。チケットは予約制なので、混雑などの心配もなさそう。

⇒【YouTube】SKY CIRCUS サンシャイン60展望台紹介動画 http://youtu.be/xgXUyyirQFc

 さて、こちらのスカイサーカスには、「SKY CIRCUS TENT」「天空251」「カレイドスエープ」「スカイ・ブリッジ」「SKY PARTY」「Cafe Quu Quu Quu」「SKY CIRCUS SHOP」の7つのエリアがあります。

◆デートでも子連れでもよさそう

 まず「SKY CIRCUS TENT」。雲の扉をノックした感じでしょうか、東京上空の風と雷を目の当たりにしたところで、「天空251」。高さ251mの空の上から地上のトランポリンへバーチャルにジャンプ。

 ポップでキュートな内装に心躍らせながら足を進めていくと「ワンダーミラー」に「ワンダーウインドウ」、「無限スケープ」が登場します。さりげない不思議体験も見逃せません。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=559993

「カレイドスケープ」のLIGHTファウンテンは、光と色のミラクル。四季を表現したライトアップは特に恋人同士にオススメかも。簡易個室になっているので、ゲットしたい彼がいる女子は、ここで告白してみてもいいのでは。ただしカーテンの仕切りという危うさなので、告白する際には風のようにさらりとお願いします。

◆バーチャルに空を飛んで絶叫!

「SKYブリッジ」にやってくると、出た! 最初のアトラクション「TOKYO弾丸フライト」。こちらは未来の東京でスリル満点の飛行ができちゃうツアー。VRゴーグルを装着して大砲型のマシンに乗り込むのです。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=559989

「スリル満点って言っても、しょせんバーチャルでしょ」

 なんて、なめてかかってはいけません。胸が寒冷前線になるほどリアルで、なかなか恐いんですよ。いや、高いところが大好きなアナタなら爽快気分が味わえるでしょう。

 高所恐怖症の森と尾山は、夏休みの宿題を早くもやり切ったような、グッタリ気分になりました。

◆ブランコで空中遊泳

 もはやマゾ的仕打ちかも、と思いつつ、次のアトラクション「スウィングコースター」へ。

 こちらはブランコ型コースターに乗って、池袋の街を駆け抜けるもの。やはりVRゴーグルを装着するので、リアル感も半端ないです。先程の弾丸フライトとは異なり、流れるようなスピードで縦横無尽に遊泳していきます。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=559994

 子供の頃、テレビアニメや映画を観て「空を飛びたい」と願った人は多いはず。そんなささやかな夢がここで叶うのです。ふわふわゆらゆらシアワセ気分。ていうか、ふらついているだけ?

 普段は地上で生きている人間、やはり若干酔います(若い人は酔わないのかしら)。

 うまい具合に「Cafe Quu Quu Quu」と「SKY CIRCUS SHOP」が側にあるので、小休止。スカイサーカスにちなんだオリジナルメニューやドリンクが満載で可愛い。グッズも、雲を象ったクッキーやメモなど、オフィスに置けば現実逃避ができるかも。

 取材で訪れたのは午前でしたが、夜間限定のスポットもあるので、仕事帰りのデートにももってこいです。

 夜空がおしえてくれる彼との相性。フォーチューンウインドウで、ひと夏の思い出を作ってみるのはいかが?

●サンシャイン60展望台 SKY CIRCUS(スカイサーカス)
http://www.skycircus.jp/
・営業時間10時〜22時
・大人:1800円、小中学生:900円
・弾丸フライト:600円 スウィングコースター:400円
(他はHP参照)

●女度向上指数★★★★☆(星4つ)

庶民的なイメージが強いサンシャイン60。もはや定番と化していましたが、進化していたことに驚かされました。このスカイサーカスの他、プラネタリウムや水族館も夏向けのプログラムになり、レストラン等のショップも増えている模様。近場を見直す、いいきっかけになりました。

<TEXT/森美樹 ILLUSTRATION/尾山奈央>
もりおやま http://morioyama.com/

●森美樹:1970年生まれ。2013年、「朝凪」(改題「まばたきがスイッチ」)で第12回「R-18文学賞」読者賞受賞。同作を含む『主婦病』(新潮社)を上梓。最新刊『幸福なハダカ』(同)が発売に
https://twitter.com/morimikixxx

●尾山奈央:1980年生まれ。脚本家、エッセイスト。著書に『1年で20キロやせた私が見つけた月1断食ダイエット』(泰文堂)