医師・僧侶の田中雅博氏

写真拡大

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、ソクラテスの「死は幸福という希望」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 著名な喜劇作者・アリストファネスの戲曲『雲』による風説は、ソクラテスが死刑判決を受けるに至る主な要因となりました。裁判で借金を帳消しにする詭弁を教える者、そして神を信ぜず雲を敬う者としてソクラテスが描かれているからです。

 その『雲』の初演はソクラテスの裁判の24年前でした。しかし、『雲』の初演の6年後に行なわれたシンポジウム(エロスについて順番に話す飲み会、プラトン・著『饗宴』)では、ソクラテスとアリストファネスは翌朝まで一緒に飲み続けており、大きな仲違いは無かったようです。『雲』は喜劇であり、実害が及ぶとは考えなかったのでしょう。

 シンポジウムでは、アリストファネスが話す番になってもシャックリが出て話ができません。そこで医師のエリュキシマコスがシャックリを止める方法を教えました。くすぐる物を鼻に入れてクシャミをさせるという方法です。これは現代医学でも通用すると思います。

 エロスの話題で、本来の人間の姿は男女合一体であったとアリストファネスは言います。しかし神々に逆らったので、ゼウスにより切断されて男と女に分けられてしまった。男女の愛であるエロスは、元々の男女合一体への憧憬であり、再び身体を一つにする欲望だと言います。

 戯曲『雲』の中では、雷電や雷鳴は神ゼウスが虚偽信者を罰しているのではなく、雲が作り出す自然現象だと言っています。このように考えたのが、実際にソクラテスだったのか、あるいはアリストファネスや別の人だったのかは分かりませんが、既に当時から合理的に自然を理解しようとする考えがあったことが分かります。

 ソクラテスは、最終的に裁判官たちの票決、361対140票で死刑が確定しました。死刑に投票した人たちにソクラテスは言いました。

「私が従軍した3つの戦場において、命の危険に面しても持ち場を離れなかったように、今、神が私に与えた持ち場である哲学の研究を、命の危険のために放棄するようなことはしない」

 ソクラテスの哲学は、ソクラテスにとって、自己の命を超えた価値、すなわち宗教だったのです。無罪に投票した人たちにソクラテスは言いました。

「死は幸福であるという大きな希望がある。死は完全なる意識の消滅か、あるいは別世界への移動か、この2つのどちらかである。完全なる意識の消滅なら、夢も見ずにぐっすり眠れた夜のようであり、これほど楽なことはない。また、別世界に生まれ変わるのであれば、これまた楽しい。オルフェウスやホメロスと対話できるのであれば、どれだけの対価を支払ってもいい」

 死に関しても、ソクラテスは「無知の知」に触れます。人は、自分の死について何も知らないのに、それを恐れているのです。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月と自覚している。

※週刊ポスト2016年8月5日号