25日、杭州市で開かれた第9回国際青年原子力大会の開幕式において、中国核学会の李冠興理事長は「今年7月現在、中国の原発の設備容量は計5500万kW以上で世界4位となっている」と述べた。資料写真。

写真拡大

25日、杭州市で開かれた第9回国際青年原子力大会の開幕式において、中国核学会の李冠興理事長は「今年7月現在、中国の原発の設備容量は計5500万kW以上で世界4位となっている」と明かした。新華社が伝えた。

そのうち稼働中の原子炉は34基、建設中の原子炉は20基で、後者の規模は世界一となっている。李理事長は「第3世代原発技術において世界をリードしている」と自信を見せた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)