【21世紀型教育】まだ知らないの? 2020年からの教育がかなり変わる

写真拡大

「2020年」
「21世紀型教育・能力」
「教育のICT化」

「英才教育」を受けた子どもは、犯罪者になる確率が3倍! “知識先取り”の危険性とは

この単語を聞いて、頭の上に「?」が浮かんだママやパパ! 2020年に小学校の教育に大きな転機が訪れることを知っていますか?

社会の情報化の急速な発展に伴って、情報通信技術を最大限活用した21世紀にふさわしい学びと学校が求められていることから、政府が「21世紀型教育」の取り組みを推進しています。さて、「2020年」をキーワードにどんな新しい制度が導入されるのでしょうか。

今回は、情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ調べによる「21世紀型教育に関する認識調査」を参考に、どんな制度が始まるのかおさらいしてみましょう。

2020年までに小学校で一人一台の学習用タブレットの導入が進んでいる

文部科学省が2011年に発表した「教育の情報化ビジョン」では、2020年までにすべての学校で1人1台のタブレット端末を導入したICT授業を実現するとされており、すでにタブレットを学校教育に取り入れている自治体や学校があります。

この取り組みについて知っているか、小学校入学前の子どもを持つ保護者に聞いたところ、以下のような結果になりました。

「聞いたことがあるがよくわからない」47.5%
「知らない」36%
「よく知っている」16.5%

タブレットを導入することで、デジタル教科書や電子黒板の導入が行われ、お手本の動画を再生したり、教科書や子どもたちの作ったものを拡大表示したり、書き順などをよりわかりやすく説明することができます。
また、画面に書き込んだり、書きこんだものを消すことも簡単に行うことができるのも特徴です。書いたものをデジタルデータで保存することができるようになります。
宿題もタブレットを利用することが予想されます。

2020年からプログラミングが必修になる

いまや人気の習い事の上位にランクインする「プログラミング」。
今後、IT系の分野での人材不足が懸念されている中、2016年4月に文部科学省が小学校でのプログラミング教育必修化を検討するとの発表がありました。

この取り組みについて知っているか聞いたところ、以下のような結果になりました。

「知らない」54.5%
「聞いたことがあるがよくわからない」33.9%
「よく知っている」11.6%

キーボードやタブレットで文字が打てることは当たり前の時代がやってきます。そして、英語に続いて、新しい教科として導入される予定です。

2020年を最後に大学受験制度が大きく変わる

文部科学省で検討されている「高大接続システム改革」の一環で、センター試験が廃止され2つの「新テスト」が新設される予定です。

また、推薦入試やAO式入試なども廃止され、新たな入試の方式が構築されます。

試験の内容も覚えるものから考えて答える内容へ、また、小論文、面接、集団討論、プレゼンテーション能力などや高校までに行ってきた活動内容や受賞歴なども評価の対象にするよう検討されています。

大学制度の変更について知っているか聞いたところ、以下のような結果になりました。

「知らない」65.5%
「聞いたことがあるがよくわからない」23.5%
「よく知っている」10.9%

まだ検討中ではありますが、2020年には現在のセンター試験が廃止され、2021年からは新しい試験制度が開始される予定です。

21世紀型スキルとは

21世紀の知識基盤社会で求められる能力を「21世紀型スキル」と言い、具体的には、情報創造力、批判的思考力、問題解決力、コミュニケーション力、プロジェクト力、ICT活用力など4領域10スキルのことをいいます。

「21世紀型スキル」について知っているか聞いたところ、以下のような結果になりました。

「聞いたことがない」70.8%
「聞いたことがある」29.2%


2011年に文部科学省によって打ち出されたこの教育改革。
今、未就学のお子さんたちなら、まさにこれらの変革の対象になります。

もうすでに知っている! というパパやママもいらっしゃると思いますが、2016年7月22日に発表された調査結果でも、ご紹介したようにまだ十分には浸透していないことがうかがえます。

4年後には勉強の仕方、方法、求められるもの、また受験の方法もガラリと変わります。

宿題などを一緒にする機会などもあると思いますので、親としてもこのようなことを知っておくだけでなく、ITについての知識や技術を身に着けておくとよいかもしれませんね。

参照:21世紀型教育に関する0歳から6歳のお子さまを持つ保護者を対象とした認識調査