写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーフォワードは7月26日、NTTデータが提供する共同利用型法人向けインターネットバンキング「AnserBizSOL」API連携サービスの利用を開始すると発表した。利用開始は2016年10月を予定している。

同社は、「MFクラウドシリーズ」のうち、「MFクラウド会計」「MFクラウド消込」「MFクラウド経費」などで、「AnserBizSOL」API連携サービスの導入を予定している。NTTデータが提供するインターネットバンキングAPIの導入は、共同利用型の個人向けインターネットバンキングサービス「AnserParaSOL」に引き続き2例目となる。

「AnserBizSOL」API連携サービスの導入により、「MFクラウドシリーズ」のユーザーは自身のインターネットバンキングのIDとパスワードを同社に事前登録せずに取引データなどを自動取得することが可能となり、さらにセキュアにサービスを利用できるようになる。

またこれまでは、金融機関のインターネットバンキングの取引サイトの仕様変更などの影響により、その都度メンテナンスを実施する必要があり、その間は「MFクラウドシリーズ」のユーザーが取引データなどを取得できなくなる問題があった。しかし、同サービスとの連携により、インターネット取引サイトの画面変更の影響によるメンテナンスは不要となるため、このような問題は解消され、ユーザーにとっての利便性が向上するという。

さらに、「AnserBizSOL」API連携サービスでは、今回の参照機能の提供に加え、2016年度内に総合振込への対応を予定。これにより、「MFクラウド会計」のユーザーにおいては、直接総合振込などの操作が可能となり、総合振込データの作成の手間を省略することで、支払業務に係る作業時間が大幅に短縮され、更なるバックオフィス業務の効率化や事業の加速化へとつながるとしている。

(Aries)