絶叫マシンで阿闍梨のお経 プール監視員にイケメンマシマシ!スペースワールドがアホ企画連発

写真拡大

ゴートゥーザスペース!ゴートゥーザスペースワールド〜!というテーマ曲が記憶にすりこまれすぎて、未だ口ずさむことのある筆者ですが、その宇宙をテーマにした福岡県北九州市の『スペースワールド』が7月23日から8月31日までの間、アホ全開の企画をいくつも実施するそうです。

【関連:過去はこんなことやってた→「ラッキーラビット」と「ウルトラセブン」がコラボ花火ショー】

スペースワールド

スペースワールドはこのところ他のテーマパークに若干押され気味な雰囲気でしたが、2016年に入り何か吹っ切れたようで「今年から、アホはじめます」を突然キャッチフレーズに掲げはじめ、英会話教材を聞きながら楽しむ絶叫マシンや、キリスト教の復活祭(イースター)にちなんだユニークなパレードなどなど、宇宙とは関係ないことにも全力で取り組み、「“アホ”な企画がお客様にウケ、震災の影響があったにも関わらず来場者数は、予想を上まわるスピードで伸び続けております。」と嬉しげなコメントまで出しています。

そして今回はこのビッグウェーブに乗るしかない!というノリで新たにアホ企画を連発。

女性をターゲットにした『女性を美しくする夏休み“アホ”3大企画』では、プールエリアのイケメン監視員を増量する『イケメン監視員』を実施。イケメンに監視され女性ホルモンが分泌されるんじゃないかという理由でイケメンマシマシするそうです。 そして、タイの水かけ祭りソンクラーン公認で行われる水じゃなくてコラーゲン水を放出する『超バリかけマックス』、美容ソルト大量投入により高い塩分濃度でぷかぷか浮くこともできる『死海プール』が行われます。

女性を美しくする夏休み“アホ”3大企画

他にも、絶叫マシンに乗りながら高野山真言宗律師位の僧位を持ち、葛城連山千日回峰行を満行した“阿闍梨”(あじゃり)・後藤証厳和尚のお経が聞ける『御利益ライド』も実施されます。使用される絶叫マシン・タイタンMAXの車輌はゲストの耳元で音源が聞ける仕組みになっており、5種類中1つが期間限定でお経になるそうです。

なお、スペースワールドの夏季入園料は大人1780円。小学生930円、キッズ(4歳から未就学児)540円。夏季入園料もイベントと同じく7月23日〜8月31日までとなります。