オイル美容の流行は、とどまるところを知らない勢いで、もはや定番になりつつあります。オイルのなかでも“スーパーオイル”と呼ばれる種類のアイテムは、イザというときに美容や健康のレスキューに役立ってくれるものもあるので、納得ですよね。

インナービューティーにもスキンケアにも使える万能オイルもたくさんありますが、一度に全てのオイルを使用してしまえば、油分過多で逆効果になることも。であれば、本当に効果のあるアイテムを取捨選択するのが賢い美女子!

そこで『美レンジャー』では、500名の女性に効果を感じたオイルを大調査。すると、意外なオイルがトップを獲得したんです! 今回は、時短美容家の筆者が同調査をもとに、実際に効果を感じる人が多い“ホンモノ”のスーパーオイルトップ3をご紹介しましょう。

■3位:えごま油

9つのスーパーオイルを挙げ「実際に使って最も効果を感じたものを選んでください」と質問をしたところ、3位には8.8%が選んだ「えごま油」という結果に。

シソ科に属する“えごま”の種子から抽出されたオイルで、ダイエットと美肌に効果があると言われています。必須脂肪酸である“α-リノレン酸”が豊富に含まれることから、脳の栄養になったり脂肪の分解を助けてくれたりコラーゲンの生成をサポートしてくれるとされています。

■2位:ごま油

続いて、同ランキングで2位になっているオイルは、14.2%が選んだ「ごま油」です。

高カロリーながらも、リノール酸やオレイン酸、ビタミンEを豊富に含むことから血行促進や抗酸化作用が期待できます。

ごま油は、スーパーオイルブームが到来する前から、家庭に1本は常備されているほどメジャーな油ですから、手に入れやすいのも魅力ですよね。

食前1時間以上前に、生のごま油をスプーン1杯飲むという摂取方法もブームになりましたので、流行しているときに美容や健康効果を実感した女性も少なくないのかもしれません。

■1位:オリーブオイル

そして、同ランキングで1位になっていたのは、22.8%が選んだ「オリーブオイル」でした。

オレイン酸の働きでコレステロール低下や抗酸化作用がある上に、食前に摂取すれば満腹感が得られ、ダイエット効果が高いといわれています。また、オリーブオイルの色素成分“クロロフィル”には、体内のデトックス作用まで期待できるんです。

なんと、今回の調査ではダントツの4人に1人が、“もっとも効果を感じたオイル”として選択しているほど、“ホンモノのスーパーオイル”だったんです!

■逆効果になるオイルのNG使用法

以上、本気で効果を感じたスーパーオイルのトップ3をご紹介しましたが、習慣にしているオイルもランクインしていましたか?

オイルは美容や健康に高い効能が叫ばれていますけれども、摂取するにあたって注意点もあります。

まず、開封から日にちが経っているオイルや、高温な場所に保存していたものは“酸化”していることがあるので使うべきではありません。できれば、開封からは2〜3か月で使い切り、冷暗所に置いておくのがベター。

さらに、お肌に塗る場合には朝や日中は避け、夜のケアに取り入れるのがベスト。オイルは紫外線で酸化するので、オイルを塗った肌を太陽にさらしてしまうとシミやくすみの原因となることがあるためです。

スーパーオイルは正しく使えば、思った以上の効果が得られることも! 正しい保存法や使い方を守って、ホンモノのオイル効果を実感してみてくださいね。

【関連記事】

食べなきゃ大損! 脂肪ボーボー燃えまくり「痩せ子の定番朝食」4選