『ハドソン川の奇跡』より。トム・ハンクス(左)とアーロン・エッカート(右) (C) 2016 Warner Bros. All Rights Reserved

写真拡大

2009年にニューヨークのハドソン川で実際に起こった航空機事故の生存劇を、クリント・イーストウッド監督が映画化する『ハドソン川の奇跡』。この映画のプロモーションのため、主演のトム・ハンクスと共演のアーロン・エッカートが9月14日に来日することが発表され、同時に本予告映像が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ハドソン川の奇跡』予告編

主人公のサレンバーガー機長役を演じるハンクスの来日は2013年『キャプテン・フィリップス』以来約3年ぶり。ジェフ・スカイルズ副機長役に扮するエッカートは2008年『ダークナイト』以来8年ぶりの来日となる。2人は来日後、作品をイメージした大規模なジャパンプレミアや記者会見に登壇予定だ。

本作は、2009年1月15日のニューヨークが舞台。ベテラン操縦士のサレンバーガー機長はいつも通り安全運転を心掛けながら飛行機に乗り込むが、マンハッタンの上空850メートルで突如全エンジンが停止。機体が制御不能に陥り、ニューヨーク市民の命に危機が迫る中、ハドソン川への着水を決断。乗客155人全員が無事に生還という奇跡を成し遂げ国民的英雄になるが、そんな機長の“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまうというストーリー。

解禁となった予告映像では、エンジンの停止という異常事態に恐れおののく乗客たちの姿や、155人の命を救ったのに、容疑者にされてしまう理不尽さなどが映し出されている。

『ハドソン川の奇跡』は9月24日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。

【関連記事】
イーストウッドとトム・ハンクスが初タッグでハドソン川の奇跡を映画化!
イーストウッド監督新作は制御不能となった飛行機のハドソン川不時着事故
[動画]トム・ハンクス、『キャプテン・フィリップス』引っさげての前回来日記者会見
アーロン・エッカートの8年前の来日記事