「僕が見てますから」母親が食事できるよう赤ちゃんを世話してくれた店員が温かい

写真拡大

ストレスと疲れがピークに達した母親に、温かい手を差し伸べてくれたレストランの店員が称賛の的となっている。

きっかけは母親がレストランに宛てたフェイスブックへの投稿である。

赤ちゃんにミルクをあげる店員

そこで公開された写真がコチラ▼

Dallas French/Facebook

Dallas French/Facebook

男性が、客席に座る赤ちゃんの口に哺乳瓶をあてている。

これは米アーカンソー州に住む、Dallas Frenchさんが投稿したもので、場所は「オリーブ・ガーデン」というイタリアンレストラン。この男性はそこで働く店員である。

小児病院に行った帰り道

この時Dallasさん一家は、娘のElleesちゃんの検査のため、小児病院を訪れた帰りだったそうだ。

投稿によると、Dallasさんはここしばらくろくに寝ておらず、この日もボーっとしていて、店でElleesちゃんのミルクを作ったのだが、派手にこぼしてしまい再び作り直す羽目に。

一部始終を見ていた男性店員は、サラダとパンを運んでくると、「ミルクは僕があげますから、どうぞ召し上がって下さい」と言ってくれたそうだ。

温かい心遣いに母ホロリ

この心遣いに対し、彼女はこう綴っている。

その言葉で私たちはとろけそうになりました。この時の私たちが何より求めていたものだったのです。

私たちがサラダなどをつまんでいる間、彼はずっと娘にミルクをあげてくれていました。私たちが帰った後、床にこぼれたミルクもきちんと拭き取ってくれたことでしょう。

その日私たちに何があったのか、彼は知るはずもありません。でも、理解ある温かい態度で接してくれました。

私がヘマをしたり、赤ん坊が泣き叫んだりしても、嫌な顔ひとつせずに…。

店員さんのお名前を聞いておけばよかった。それだけのことをして下さったのですから。

Dallas French/Facebookより引用

同投稿には、16万人が「いいね!」などし、シェア数も3万2千件を超えている。

レストランへの称賛の声が続出

「素敵な話」「病院帰りは特につらいですもんね」「私もオリーブ・ガーデンで同じように助けてもらったわ」「こんな心遣いができるレストランなんてステキ」といった称賛の声が多数寄せられている。

驚くべきは、ポジティブなものネガティブなものにかかわらず、同レストランが2千件を超えるコメントに返信している点。

温かい気遣いができるのは前述の店員のみならず、企業体質そのものとも言えるようだ。