なぜ満腹になると眠くなるのか?専門家に理由と対策を聞いてみた

写真拡大

お昼休憩を済まし、「午後も頑張ろう!」と思い立っても、たちまち眠気に誘われてボーっとしてしまうことはないだろうか? なぜご飯を食べ、満腹状態になってしまうと眠くなってしまうのだろう? 管理栄養士である松原郁実さんが、その原因と対策について意見を寄せてくれたので紹介したい。

■ご飯を食べると眠くなるワケ

まず、なぜご飯をいっぱい食べると、人は眠くなってしまうのだろう?

「原因は二つあります。一つ目は、食事をすると体では血糖値が上がります。血糖値は膵臓から出るホルモン『インスリン』で一定になるように調整されていますが、食べ過ぎてしまうと、インスリンが急上昇した血糖値を急降下させます。血糖値が急降下するということは、低血糖が起こりやすいということ。低血糖はその名の通り、血液中に糖分が足りない状態なので、脳でも糖分が足りなくなり、眠気を起こす原因となります」(松原さん)

「脳の主要なエネルギー源は糖分です」と松原さん。ご飯を食べた後の人体では「このようなことが起こっている」と考えてみると、よりイメージが掴みやすいかもしれない。

要はご飯を食べることで血糖値が下がり、糖分が足りなくなることで、脳にエネルギーが行き渡らず、眠気が起きるというわけである。

■眠気の原因は脳の酸欠!?

では、もうひとつの原因は、どんなことが考えられるのだろうか?

「二つ目は、食事をすると体の血流が胃腸に集中します。消化吸収活動をするためです。そうすると脳の血流が少なくなり、脳の酸欠状態を起こします。これも眠気の原因です」(松原さん)

どうやら原因はひとつではなく、こうした要因が重なって眠気が引き起こされているようだ。

いずれの要因であっても、私たちの体のなかでこうした作用が働いていると分かると、一見何気ない眠気が、スゴいことのように思えてくるから不思議である。

■食後の眠気を防ぐ方法

とはいえ、仕事中に眠りに誘われてしまっては、業務に支障が出てしまう。食後の眠りを防ぐには一体どうしたらいいのだろう?

「原因一つ目の、スタートラインである『血糖値の急上昇』を防ぐことが大切です。ひとつは定食タイプ、あるいは付け合わせのあるメニューを選ぶことです。ラーメンや牛丼やパスタ等、単品メニューは炭水化物に偏るため、血糖値を急上昇させます。それを防ぐのは野菜やきのこに含まれる食物繊維。みそ汁、お浸し、サラダなどで食物繊維を摂りましょう。タンメンや中華丼など、具だくさんのものでしたら単品でも大丈夫です」(松原さん)

まず、注意したいのはメニューの選び方とのこと。食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれるとなれば、バランスの良い栄養価を摂るためにも具材に気を配りたい。

■見直したい食事の仕方

「二つ目は、飲み物は水かお茶にすることです。砂糖の多いジュースやカフェオレは血糖値を急上昇させます。お茶や水は甘くないので糖分ゼロです。三つ目は、食べる順番です。野菜料理をまずとることを心がけましょう。野菜→肉や魚→ご飯という順番がおすすめです。野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにしてくれるからです。四つ目は、よく噛むことです。よく噛んでゆっくり食べると、血糖値もゆっくり上昇します。またよく噛むと、脳の満腹中枢が刺激されやすいので食べ過ぎを防ぐことができます」(松原さん)

カロリーはもちろん、料理の美味しさをしっかりと味わうためにも、ご飯時の飲み物には注意したい。後は食べる順番と噛む回数にも気を配るようにしよう。

仕事中のうっかりウトウトを防ぎたいと考えている人は参考にしてみては?

「教えて!goo」では、「デスクワーク中の眠気解消法を教えて!」ということで皆さんの意見を紹介中だ。

■専門家プロフィール:松原郁実
管理栄養士、健康食育シニアマスター、きのこマイスター、ジュニアスーパーフードマイスター。働き盛りのビジネスパーソンに向け、賢く・美味しく・楽しく食べるコツを伝えている。栄養相談、セミナー、執筆や出演など各種メディアで活動中。

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)