写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ほけんの時間は7月25日、「ボーナス」に関する調査の結果を発表した。同調査は5月16日〜20日、20代以上の既婚女性829名を対象にインターネットログイン式アンケートで実施している。

「現在の就業状況について」聞いたところ、44.5%で「専業主婦」が最も多くなった。次いで「正社員(産休・育休中)」(22.0%)、「正社員(フルタイム)」(14.7%)、「パート・アルバイト」(7.8%)、「正社員(時短勤務中)」(4.1%)となった。

現在、産休・育休・時短勤務中の人に、「フルタイムのときと比べ、ボーナスの額はどのようになったか」を聞いたところ、35.7%で「ボーナスがなくなった」が最多に。以降「変わらない」(30.3%)、「〜20%程度下がった」(10.5%)、「21〜30%程度下がった」「61%以上下がった」(ともに7.1%)となった。

現在、産休・育休・時短勤務中の人に、「仕事以外の家庭で自分のしていることにボーナス(一時金)が出るとしたら、1年分で幾らだと思うか」を聞くと、最多は「10万以内」(27.1%)だった。次いで、「21〜30万」(18.0%)、「11〜20万」(17.9%)。以降、「31〜40万」(12.9%)、「51〜60万」(10.0%)となった。

現在、産休・育休・時短勤務中の人に、「自分で使い切ることを前提とした『ママボーナス』が10万円支給されるとしたら何に使うか」を質問すると、1位は「マッサージ・エステ」(42.8%)だった。次いで2位は「食事・グルメ」(39.9%)、3位は「服」(36.1%)。以降、4位「靴・バッグ」(26.9%)、5位「ヘアケア・ボディケア用品」(20.5%)と続いた。