27日、中国男性の平均身長は世界で93番目に高く、日本男性より1センチ高いことが分かった。写真は中国の若者。

写真拡大

2016年7月27日、中国男性の平均身長は世界で93番目に高く、日本男性より1センチ高いことが分かった。環球時報が伝えた。

英国やスイスなど総勢800人の研究チームが、世界保健機関(WHO)の協力を得て、世界の200余りの国と地域を対象に、1914年と2014年の18歳の身長を調査した。それによると、中国男性の平均身長は過去100年間で11センチ伸びた171.8センチで世界で93番目に高かった。中国女性は10センチ伸びた159.7センチで87位だった。

日本男性の2014年の平均身長は170.8センチ、日本女性は158.3センチ。韓国男性は174.9センチ、韓国女性は162.3センチだった。

2014年の平均身長が最も高かったのは、男性がオランダの182.5センチ、女性がラトビアの170センチ。最も低かったのは、男性が東ティモールの160センチ、女性がグアテマラの149センチ。(翻訳・編集/柳川)