25日、とあるTwitterユーザーが投稿したメールで名前を間違えられたときの対処法が、注目を集まっている。

ユーザーは、あるときメールの相手が名前を間違えられ、上司から教わったテクニックを実践したとか。そのテクニックとは、「お世話になっております。○○です」とだけ書いたメールをあえて送るというもの。

次に「失礼しました。書きかけで送信してしまったようです」と謝り、本文を送り直すというのだ。

ユーザーによると、このメールを実践したところ、先方から「丁重なお詫びを頂きました」とのこと。このツイートは、27日12時の時点で1万件以上のリツイートと、1万件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題になっている。
【関連記事】
遅刻常習者のLINEの特徴が話題 「着いた」とあってもその場所にいない?
失明する危険性も…動物をフラッシュ撮影する行為に怒りの声
夏休みが辛い子どもたちを図書館に呼びかけるツイートが話題