画像

写真拡大

 DACは、コンサルティングファームのEYアドバイザリーとデジタルマーケティング領域での協業を開始することを発表した。

 DACは、コンサルティングファームのアーンスト・アンド・ヤングの日本法人EYアドバイザリー(以下、EYA)とデジタルマーケティング分野における統合的コンサルティングサービスに向け協業を開始した。

 今回の協業では、EYAが持つデジタル領域における戦略立案のノウハウと、DACが持つデジタルマーケティング施策立案・実行のノウハウを融合し、両社で包括的なコンサルティングサービスの提供を行う。

 DACは同社のDMP「AudienceOne」をはじめとしたマーケティングテクノロジーや広告とシステム領域でのオペレーションサービスなどを提供する役割を担っている。一方、EYAはデジタルマーケティング戦略の策定・立案を中心に担当する。

MarkeZine編集部[著]