ライトオンが海外初進出 台湾1号店が2017年春オープンへ

写真拡大

 ライトオンが、台湾に子会社を設立することを発表した。同社の藤原祐介取締役が代表者となり、設立時期は今年9月を予定。翌年の2017年春に海外初の店舗の出店を計画している。 ライトオンが海外初進出の画像を拡大

 新子会社の称号は「台灣萊特昂股份有限公司」。資本金は日本円で約1,600万円で、ライトオンが100%出資する。将来の成長に向けて海外事業展開を重要な戦略の一つと位置付けており、新子会社はその戦略拠点として経営するという。