文房具好きは必見! 少年とデルガードのコラボシャープペン

写真拡大

 世界中がポケモンGOに夢中になっている時、こういう本を見ると、何の関係もないが、わけもなく惹かれてしまう。全部手書き、著者は当時小学生。しかもかなり深くて熱い。もう読んだ人もいるだろう「文房具図鑑」(いろは出版)だ。文房具好きの少年山本健太郎くんが作って多くのメディアで話題になったこの本と、芯が折れないシャープペン「デルガード」(ゼブラ)がコラボした限定バージョンが、東急ハンズで発売された。価格は486円(税込み)。

 図鑑は、昨年小学6年生だった山本くんが、大好きな文房具168個についてすべて手書きで解説したもの。中身の濃密さ、解説や図の正確さ、そして文房具への愛情の深さから、SNSを通して瞬く間に話題となり、ついに書籍化、5万部を超すヒットになっている。

 コラボ版デルガードは、そんな健太郎くんの愛情あふれる解説がパッケージに入っていて、読みながら商品を使える。芯が折れない機構の説明だけでなく、芯を長く出しすぎると折れてしまうことまで、メーカーに気兼ねしていない「公正」な解説を楽しめるし、通常品にはない専用消しゴムもついている。