うな重を食べながら映画鑑賞? 第1回「 ウナギ映画祭 」を開催

写真拡大

 美味しいうな重を食しつつ、映画を楽しみ、お酒を嗜み、人と食の未来に思いをはせる。そんなちょっと変わった、新しい土用の丑の日を過ごしてみるのはいかが? ネツゲン(東京)は土用丑の日に合わせて、うな重を食べながら映画を見ることができる、第1回「ウナギ映画祭」を表参道のCOMMUNE246で、7月29日(金)〜31日(日)の3日間開催する。

 当日は、無投薬養殖で知られる鹿児島の山田水産株式会社が、うなぎ蒲焼を提供。

 また、映画のほかにも、蒲焼サンプルや特産みやげ、うなぎDJなど、うなぎ満載の夏祭りとなっている。

 3日間とも11時〜22時の開催で、ドリンク購入者にウナギの蒲焼及び白焼きを終日提供。なお、映画のスケジュールは以下の通りだ。

 29日 19:00 戦場のメリークリスマス
 30日 12:00 僕らのカヌーができるまで
    14:30 うみやまあひだ
    17:00 エンド・オブ・ザ・ワールド
    19:30 スタンド・バイ・ミー
 31日 14:00 僕らのカヌーができるまで
    16:30 うみやまあひだ
    19:00 ジュラシック・ワールド

 詳しくは、コチラ