本をすっきり、きれいに整頓しよう♪本棚の種類やDIYの必需品、作り方アイデア

写真拡大

本や雑誌が知らず知らずのうちに増えてしまい、整理や収納がなかなかできない…と、お困りではありませんか?そんなみなさんにおすすめ、本棚に関わる役立つ情報やアイデアを集めてみました。本棚の種類、DIYの必須アイテム、手づくり本棚のアイデアなどをご紹介します♪



元の記事を見る

縦長や横長、ディスプレイ型も!家庭用本棚の種類

■ 狭いデッドスペースにもぴったり、縦型の本棚

縦長のスリムな本棚は、狭いスペースを有効利用できるメリットがあります。画像は、1列4段の本棚を3つ並べた縦型の本棚。この方法は、幅に合わせて使用する台数を調整できる点が魅力です。シンプルなデザインの棚を選べば、さまざまなアレンジができるのもポイントですね。

■ 転倒の心配も無用!子どもにも安心のロータイプ

床とほぼ同じ高さの低い位置に本を並べるのが、ロータイプの本棚です。横長のロータイプは、転倒の心配が不要なのはメリット。さらに目線が低いため、子ども部屋にはおすすめです。おしゃれな装丁の本や雑誌をそろえてリビングルームに置けば、素敵なインテリアにもなりますね。

■ 棚に一工夫して表紙を見せる!おしゃれな本棚

本棚に本を並べると、普通は背表紙しか見えませんよね。考え方を転換し、表紙を並べてディスプレイ型にした本棚がこちら。棚の底面に1本の角材を取り付けてストッパーとし、本を立てかけています。見た目がおしゃれで、しかも背後の本の目隠しにもなるおすすめのアイデアですよ♪

本棚をつくる!DIY必須の基本的な材料・道具

■ 【木材】無垢材、集成材、合板など多彩なDIY用
一口に木材と言っても種類は豊富。1本の木を切り出した無垢材、いくつもの角材を組み合わせて接着した集成材、薄い木材を数枚重ねて接着した合板など、多彩にあります。価格が値ごろで、適度な強度がある合板やSPF材、集成材などが、本棚にはおすすめ。予めサイズを計算しておき、ホームセンターなどでの購入時に切ってもらうと便利ですよ♪

■ 【トンカチ】適度に重量感があって、手になじむ
近頃は釘を使わないDIYも人気ですが、重量のある本を入れる本棚は、しっかりと釘打ちして安定感を出したいもの。そこで必要となるのがトンカチです。トンカチは軽いものよりも、頭の金具部分に適度な重さがあるほうが釘を打ちやすいでしょう。また、グリップは木製のほか、滑り止め効果のあるゴム製などもあり、手に馴染むものを選ぶのがおすすめです。

■ 【釘】棚を固定する釘や木ねじは本棚づくりに必須
棚を固定する際は、釘、または木ネジを利用します。ホームセンターなどにはさまざま長さや太さの釘や木ネジがあるため、使用する木材の厚み、使用箇所を考慮して購入しましょう。

■ 【紙やすり】使うと使わないでは仕上がりが大違い!
紙やすりを使うか、使わないかによって、仕上がりの美しさも大きく変わります。目の粗いものから細かいものまで数種類を用意し、木材を研磨しましょう。木目に沿ってやすり掛けするのがポイントです♪

■ 【木工ボンド】釘や木ネジを補強して頑丈な棚に
釘やネジを使うのにボンドまで要るの?と思う方がいるかもしれません。ですが、本棚の強度を高めるためには木工ボンドを使うことがおすすめ。木材同士の接着面に木工ボンドを塗ってから釘やネジを使うと、安定感が増しますよ。

■ 【塗料】木目を活かすか、色付けするか
塗料には、木の質感を活かすステイン、しっかりと色付けするペンキなどがあるので、好みによって選択しましょう。木に浸み込んで色づけするステインは水性、油性の2種類がありますが、扱いが簡単な水性ステインが近年人気を集めています。

■ 【ニス】仕上げに塗って本棚の保護をしましょう
ニスを仕上げに塗ると、木材を保護したり、見た目をきれいにするなどの効果があります。ツヤあり、ツヤなし、無色、有色などさまざまな種類がそろっているので、目的に応じた1品を選びましょう。

100均ショップで材料がそろう本棚の作り方

■ 100均アイテムでつくる簡単でおしゃれな本棚

100均ショップで購入できる材料でできる本棚兼CDラックです。木板を底辺に、カッティングボードを両サイドに使い、丸棒を前後に取り付けて完成!ブライワックスで汚れ感を出しています。横に置くと本棚に、縦にするとCDラックになる、おしゃれなインテリアですよ♪

■ 500円でお釣りが!安くて恰好いい雑誌ラック

バーベキュー用の網を利用したアイデア作品。網をコの字型に折り曲げ、両端にカッティングボードを接着、丸棒を通して着色しています。正面のナンバープレートは、着色料の上にマニキュアのトップコートを塗って琺瑯らしさを演出。男前のかっこいいインテリアの完成です。

■ いつでも、どこへでも本を!楽しい移動式本棚

キャスター付きで移動も簡単、見た目も楽しい本棚です。MDF材を底面と背面に用い、アンティーク調の棚受けを仕切りに使用。棚半分に段差式の飾り棚を、底面下には4つのキャスターを取り付けています。こんな本棚があれば、子どもたちも喜んで本を読むでしょうね♪

DIYの定番材料、すのこを使った本棚の作り方

■ たっぷり収納、マガジンラック付きすのこボックス

マガジンラックを備えた収納ボックスです。ボックスは2枚のすのこ板と木板でつくり、正面下にウォールラックを木ネジで固定してマガジンラックの底に。雑誌が落ちないように皮ひもを渡しています。ここに雑誌を置くと、ボックスの中身を隠す役目も果たしてくれますよ♪

段ボールを利用して格安にできる本棚の作り方

■ 段ボールや廃材をリサイクルした可動式の本棚

段ボールと廃材を合体させたリサイクル本棚。ペットボトルが入っていた段ボールを本棚の本体とし、背面や上下に廃材を接着し、全体を強化しています。さらに底面にキャスターを取り付けて可動式に。廃材も立派にリサイクルされました♪

子供部屋にもぴったり!可愛い絵本棚の作り方

■ SFP材を組み立てるだけ!簡単にできる絵本棚

図書館や書店に並んでいるような素敵な絵本棚。本格的に見えますが、つくり方は比較的簡単。ホームセンターで3種類の大きさに切ってもらったSPF材をボンドとネジで固定して組み立てています。着色はインスタントコーヒーで。きれいな色合いが出ていますよね。

■ 自宅の空きスペースにすっきりと収まる絵本棚

収納棚の上に絵本を飾る棚を取り付けたDIY作品です。下部は大きなスペースのある棚を3つつくって白く着色。ブライワックスを塗った段差式の棚をその上にはめ込んでいます。自宅の空きスペースに合わせてサイズ調整できるのはDIYのメリット。2色の色づかいもよく合っていますね。

オリジナルでおしゃれなその他の本棚の作り方 

■ カーテンレール上を有効に利用できる細長本棚

カーテンレール上の小さなスペースを有効利用するアイデアです。カーテンレールの幅に合う細長い板を、棚受けL字型金物で上から壁に取り付けて固定。棚と壁を同系色でまとめているので、スペースに馴染んでいますよね。本だけでなく、小物なども置ける便利な棚です♪

■ 間仕切り仕様、薄型のおしゃれなディスプレイ本棚

キッチンとリビングの間仕切りにした薄型本棚です。その幅はたったの10cm。SFP1x4材の幅です。横に本や雑誌を並べるタイプの2段の本棚には、1x4材のみ5本を使用。100均の木箱を上部に並べて小物を置けるスペースもつくっています。カフェのマガジンラック風の素敵な棚ですね。

■ 本をおしゃれに隠してくれるキャスター付き本棚

一見、本棚のようには見えませんが、取っ手を引くと本が出現。コンクリート型枠用合板、コンパネや廃材を利用したキャスター付き本棚です。コンパネで本体となる三段棚を5台つくり、それぞれの1側面を細長い廃材で装飾。取っ手とキャスターを固定して完成です。隠すタイプのおしゃれな本棚ですよ♪

■ タオルハンガーを利用して簡単にできる壁掛け本棚

タオルハンガーを本ラックの一部に利用したユニークなアイデア。壁に固定するタイプの棚とハンガーは市販の製品を利用しているので、取り付け作業だけで完成です。読みたい本だけを選んで並べておけば、いつでもさっと取り出せる便利な本ラックです。

100均アイテムから廃材までさまざまな材料を利用し、多彩にデザインされた本棚がありましたね。部屋のスペースや使用目的に合わせ、みなさんもぜひオリジナルの本棚づくりに挑戦してみてくださいね♪

まとめ/pochinski