カラーボックスを“センス良く”使いこなす、簡単テクニック

写真拡大

カラーボックスは、中身が丸見えだったり、いかにもカラーボックスという質感で、生活感が出やすいのが残念なところです。カラーボックスの収納力はそのままに、そのデメリットを見事に克服している活用術をご紹介します。



元の記事を見る

カラーボックスの収納、どう隠す?

■ 100均コルクボードでおしゃれなカラボDIY! ビフォーアフター!

100円ショップで売っているコルクボードを棚の大きさに調節して、蝶番で取り付けます。そのままでも十分おしゃれですが、コルク部分をどうデコるかで、雰囲気がガラリ変わります。

■ すのこで変わる! おしゃれカラボ収納DIY♪

カラーボックスの棚板を1つ外せばちょっとした大きなものも収納できる大きさに。側面・背面・底にはコンパネ、表面にはすのこを使います。すのこ部分にペンキを塗れば、収納物を上手に隠してくれるウッディーな収納BOXの出来上がり。

■ 雑然とするオープン棚の中身を隠してスッキリ見せる方法

ファブリックパネルを作る要領で、発砲スチロールにお好みの布を張り付けます。そこにブックスタンドをつければ完成です。奥の本だけ隠す、手前に置いてすべてを隠す、など使い方はいろいろ。「隠しながら飾る」一石二鳥テクです。

■ カラボリメイク☆ 学校幼稚園用具をお片付けするアンティーク風ロッカー♪

「脱カラーボックス」をテーマにしたアイデア。カラーボックスを2つ組み合わせて、蓋だけでなく上部と側面にも合板を取り付けました。合板はホームセンターなどで寸法を伝えて切ってもらえばラクチンです。とてもカラーボックスとは思えないですね。

■ レジャーシートでカラーボックスにぴったりサイズの収納ボックスを手作り

蓋をつけなくても、カラーボックスの大きさに合わせて深さのある収納BOXをつくれば、中身が見えなくなります。折り紙からヒントをもらったというレジャーシートでつくるBOXは、子どもが遊んでしまいやすいように計算されています。

これがカラーボックス!? の意外な使い方

■ ニトリのカラーBOXでカスタム自在なテーブルを

カラーボックスを2つ用意して、丈夫な天板をのせるだけ。カラーボックスの収納力はそのままに、2つなら机やクローゼット内の収納に、4つ使えばテーブルにもなります。ビス留めせずに耐震ジェルパッドを使っているから、シーンに合わせて使い分けもOK。

■ 入園準備★ カラーボックスで簡単クローゼットDIY

棚板は2つ。突っ張り棒を取り付ければ、小さなこどもでも使えるクローゼットに早変わり。ニトリのカラーボックスは、取り付け用の穴がたくさんあいているので、横のサイズが合う収納ボックスを見つけられれば、下部はきれいに収まります。

■ 古いカラボをお店屋さん風カフェカウンターにDIY

捨てようと思っているそのカラーボックス。ひと手間かければ「お店屋さんカウンター」に生まれ変わります。カウンター部分は、リメイクシートや黒板風デコで。屋根をつけて、お店屋さんらしく小物で飾ってください。

■ カラボで作る子供キッチンDIY♪

子どもがあこがれる「おままごとキッチン」を2段式のカラーボックスで作ってあげましょう。蛇口とシンクがわりのステンレスボールが最高! 遊ぶ時期が終わっても、飾り棚兼、収納棚としても長く使えそうです。

■ そのカラーBOX捨てないで〜!のカラーBOXリメイクで再利用

室内での役割が終わったら、屋外で活用してみませんか? 背面の板をはずして白いペンキで塗りなおすとおしゃれなプランターシェルフに。直接日光を嫌うやさしく育てたい観葉植物の置き場にもぴったりです。