7月27日は「スイカの日」! ダイエット中でも心置きなく食べられる「スイカのケーキ」を作ってみよう

写真拡大

夏を代表する果物といえば、スイカ! 本日、7月27日は「スイカの日」です。

27を「つ(2)な(7)」(綱)と読むため、スイカの縦縞模様にかけた語呂合わせから生まれた記念日だそうです。

年に一度のスイカ記念日ということで、スイカに敬意を示すべく、種の少ない小玉スイカを使ったヘルシースイーツ「スイカのケーキ」を作ってみましょう♪ オーブン不要なので、キッチンで汗だくになることもなく、作業もラクラクですよ。

【材料】(4人分)

小玉スイカ・・・1コ
ペリカンマンゴー・・・1コ
あんず・・・1コ
ギリシャヨーグルト・・・100g
ミント・・・適宜
ココナッツファイン(粗挽きココナッツ)・・・適宜(お好みで)

【作り方】

1. 小玉スイカは丸ごと1コを用意して、真ん中から1.5cmの厚さにスライス。マンゴーは皮をむいてから5mm角にカット。あんずも5mm角にカットします。

2. ギリシャヨーグルト、フルーツの順に盛りつけます。

3. フライパンで軽く炒ったココナッツとミントをトッピングすれば完成。

マンゴーとココナッツが、とってもトロピカル。表記の材料で4枚分のスイカケーキが作れますよ!

【フルーツを変えてアレンジ】

今回はマンゴーとあんずを使いましたが、ラズベリーやブルーベリーなどのベリー類、ネクタリンや桃などを飾ってもOKです。スイカが淡白な甘さなので、のせるフルーツはほんのり酸味が効いていて甘いものを選ぶと相性も味のバランスもばっちり! 

【低カロリー & 美容にもいい!】

スイカケーキは基本フルーツとギリシャヨーグルトで作るため、低カロリー。ダイエット中でも安心です。

「果物ナビ」によれば、スイカやマンゴーにはカリウムや亜鉛、マグネシウムなどのミネラルや、ビタミンB2 、ビタミンB6、ビタミンC、βカロチンなどが含まれているので、水分をたっぷり補給しながら栄養素を摂ることができます。

また「わかさの秘密」ウェブサイトによると、果物や野菜の赤い色素の元である「リコピン」やアミノ酸なども含まれていて、夏バテで食欲がないときにもオススメの果物です。

スイカとフルーツさえあればパパッと作れるので、BBQやビーチなどアウトドアレジャーの際のデザートにもぴったりですよ。大人数で食べる際には、大きなスイカで作ってもいいですね。

参照元:果物ナビ、わかさの秘密、今日は何の日〜毎日が記念日〜

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る