写真提供:マイナビニュース

写真拡大

中国を中心にSNSやゲームコンテンツを提供するテンセントは7月27日、同社のインターナショナル・ビジネス・グループ(IBG)が、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対象に、ワンストップ型の広告ソリューションの提供を開始すると発表した。

日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年1月〜6月に日本を訪れた中国人観光客は、307万6,600人で、前年同期比で41.2%増加。2位の韓国を70万人ほど上回り、世界でもっとも多く日本を訪れている。

同社はソーシャルメデイアサービスとして、「WeChat」、「Qzone」を展開し、月間アクティブユーザーはいずれも7億人を超える。

今回のサービスを利用することで、日本企業はテンセントのプラットフォームへの広告を、日本国内から越境で出稿サービスを利用することで、日本を訪れる中国人観光客に製品を訴求でき、訪日時の購買を促進できる。

また、同社は日本におけるビジネスの拡大と、クライアントへのサポートを強化するため、テンセントジャパン内にサポートチームを発足。テンセント IBGは、広告枠の提供に加えて、そのためのメディアプランニング、クリエイティブデザイン、ユーザーターゲティング、広告表示、広告入札の最適化およびレポート作成までをワンストップで提供する。

主要な広告ソリューションは、クリック一つで外部 RLにユーザーを導く「WeChat Official Account Banner Ad」、ユニークなネイティブのソーシャルフィード型ディスプレイ広告を常時配信する「WeChat Moments Ad」、記事または動画を友達の投稿と同様のフォーマットで表示する「Qzone Mobile Friend Newsfeed Ad」。

広告展開は、中国国内、訪日時のいずれも可能だという。

テンセント IBGは、本ソリューションの提供に際し「日本で独占的なパートナーを持たず、すべてのパートナーやリセラーを歓迎する」としている。

(丸山篤)