<全米プロゴルフ選手権 事前情報◇26日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>
 海外男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」が、ニュージャージー州にあるバルタスロールGCで28日(木)に幕を開ける。フィールドに名前を連ねるのは連覇を狙う世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)を筆頭に、ジョーダン・スピース(米国)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)らプロゴルファー世界一を決めるにふさわしい面々。日本からは松山英樹、谷原秀人、リオ五輪日本代表の池田勇太が出場する。
昨年はジェイソン・デイがメジャー初制覇を達成した
 開催地となるバルタスロールGCは、日本のゴルフファンにもなじみのあるコースと言える。1980年「全米オープン」は“バルタスロールの死闘”として語り継がれる名勝負。青木功が、帝王ジャック・ニクラスと4日間同組で互角に渡り合い2打差の2位に入った舞台だ。全米プロは2005年以来の開催となる。
 今季は8月に組み込まれたリオ五輪の影響で例年より半月ほど早い7月末に締めくくりとなる4大メジャー。「マスターズ」のダニー・ウィレット(イングランド)から始まり、「全米オープン」のダスティン・ジョンソン(米国)、「全英オープン」はフィル・ミケルソン(米国)との激闘を制したヘンリック・ステンソン(スウェーデン)とメジャー初制覇が続いている。この流れは最後の大一番まで続くのか。松山、セルヒオ・ガルシア(スペイン)らメジャー未勝利選手達にも注目が集まりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
罰金100万円以上の価値 前向く渡邉彩香は「また、強くなった」
1232位→394位 ツアー初優勝の時松隆光が世界ランク急浮上