■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

自虐トーク。それは自分を落として場を盛り上げるトーク術のことで、女性同士の会話では当たり前に使われてるものです。自分を落として場が楽しく盛り上がればいいのですが、内容によっては冗談として笑えず、場が凍りつくことがしばしばあります。

女性同士でも切り返すのがちょっと難しい自虐トーク。それが男女間で展開されるものだとしたら、どう切り返せば地雷を踏まずにすむのでしょうか。今日は直面すると面倒臭い女性の自虐トークについて、対処法を考えてみましょう。

■「私、もう・・・」自虐ネタはどうして生まれる?

男性よりも女性の方が圧倒的に使うことの多い「自虐トーク」。そもそもどうして使われるようになったのか、考えたことはあるでしょうか。もともとは日本の“謙虚さ”が始まりと言われており「私なんて…」という後ろに引いて相手を立てる精神が進化して、引く必要のない場面でも「私なんて」と引いて場や人を盛り上げることが増えたと言われています。

謙虚さは男性よりも女性の方が敏感に使い分けていたことと、女性の方が“共感”がコミュニケーションの中心にあったため、自虐を多用するようになったと思われます。つまり、自分に自信がなかったり、場の空気を読みすぎたりする女性ほど、歪んだ謙遜さである自虐は多く使う傾向にあるといえます。

正直「面倒くせぇ〜」と思う方も多いでしょうが、少しだけ広い心で、それも自信のない女性の精一杯の頑張りだと思えば、受け止められるような気がしませんか。

■本当にあった怖い自虐ネタ

そんな自虐ネタですが、サラッと一言で終わればなんとかなるものの、中にはやっかいな自虐トークもいくつかあります。ではどんな応用的な言い方があるのか、紹介していきましょう。

◎かぶせ自虐

A「私って本当にモテなくてさ〜」

B「そうなの?そんな風に見えないけど」

A「いや、本当にモテないの。女として終わってるんだよ」

B「考えすぎでしょ?」

A「マジやばいんだって。この前もさ……(延々、自分語りが続く)」

相手が何と答えようと、自虐スタンスを崩さず話題もずらさずどんどん自虐ネタをかぶせていきます。

◎逆ギレ自虐

A「私最近すごい太っちゃって」

B「そうなの?全然わからない」

A「とか言ってさ、本当は太ったと思うでしょ?」

もはやいちゃもんのレベルです。わからないと言っても食ってかかってくるため、切り返しに悩みます。

◎問い詰め自虐

A「私、もうおばさんだよ」

B「そんなことないでしょ!」

A「じゃあさ、いくつからおばさんって言えるの?どうして私はおばさんじゃないって言えるの?」

やんわり否定すると具体的に問い詰めてくる自虐。問い詰めるほど仲がいいとも考えられますが、やっぱり困ります。

突然飛んでくる女の自虐発言!スマートな男はどう切り返すのが正解か?

■強烈な自虐トークがやってきた時の秘策

いろいろとバリエーションが豊富な女性の自虐トークですが、実際目の前にしたらどう切り返せばいいのでしょう。やんわり否定してことが済むならそれでいいのですが、先ほどあげたような強烈な自虐には、流すという技はなかなか通用しません。そんなときに試したい、2つの自虐返しを紹介します。

◎自虐乗っかり

最初は毒を持って毒を制す。自虐に自虐で返していきます。

A「私最近超太ったんだよね」

B「本当に?わかんないよ。むしろ俺の方がこのビール腹やばくって」

A「男の人は太っていても、ある程度許されるからいいよね」

B「そんなことないよ。デブで稼ぎも普通だったら救いようがないし……」

このように、自虐をしてきた人の1歩下をいく自虐で切り返していけば、最終的には「なんかこの話題振ってごめんね……」というノリになって終了します。ただし、話し終わったあと、思わぬ疲労感に襲われることがありますので、ご注意ください。

◎自虐否定に理論返し

続いては流すと食ってかかる女性に対して有効な自虐返し。それは意外にもちゃんと否定してあげることです。

A「私も、もうおばさんだよ〜」

B「そうかな?全然感じないけど、どうしてそう思うの?」

A「え、だって…(理由を述べる)…」

B「全然気にしすぎだって!だってさ…(否定の理由を述べる)…」

通常流してことなきをえるのが正解の自虐ですが、相手のことを思ってしっかり否定すると、意外にも印象よく会話が閉じられることもあります。

なあなあにしない語り口が、男らしさを感じさせるのかもしれませんね。しかし、弁の立つ女性との会話だと、喧嘩に発展する場合もあるので相手の見極めは必要です。

さあ、あなたもこれで今日から自虐トークマスターです。女性が自虐ネタを口にするのは、悪意があるわけではありません。ただ何となく自分を大きく見せたくなくて、ポロっと吐いてしまうのです。そんな過ちを優しく包み込んであげるのがスマートな男性の役割。自虐返し、ぜひ使ってみてください。

★今回の教訓
自虐ネタ 流せないなら 立ち向かえ

文/おおしまりえ

雑食系恋愛ジャーナリスト。水商売やプロ雀士などを経験し、のべ1万人の男性を接客。鋭い観察眼と男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究。ブログ(http://oshimarie.com

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所