25日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)は、東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の共同声明について、常設仲裁裁判所の判決への言及は盛り込まれなかったことは「中国の大きな外交的勝利だ」と伝えた。資料写真。

写真拡大

2016年7月25日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)は、ラオスの首都ビエンチャンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議で各国外相が採択した共同声明について、南シナ海で中国が主張していた権利が国際法違反とする常設仲裁裁判所の判決への言及は盛り込まれなかったことは「中国の大きな外交的勝利だ」と伝えた。

24日の外相会議では各国の意見がまとまらず、25日も協議を続けたが共同声明を発表するに至らなかった。中国との関係が強いカンボジアが態度を硬化させたことなどが理由。中国は会議後、カンボジアに感謝の意を表明した。

仏AFP通信によると、中国のカンボジアに対する根回しが奏功した結果となった。南シナ海の領有権問題で中国と対立するフィリピン、ベトナムが声明に強い対中姿勢を盛り込もうとしたが、カンボジアが反発して難色を示し、共同声明では触れられなかった。(翻訳・編集/大宮)