マナーを守って正しく遊ぼう

写真拡大

日本でもようやくリリースされた「Pokémon GO」。リリースから1週間しか経っていませんが、多くの人がスマホを片手に日本中を駆け回っています。しかし、ゲームに熱中するあまり私有地に入ってしまいトラブルになってしまう事件も発生しています。さらに、神社や寺院などの人がたくさん集まる場所では、禁止・制限などの処置が取られています。そこで今回はPokémon GOが禁止、制限されている場所をまとめました。

■ Pokémon GOの禁止・制限区域

◎ 葛飾八幡宮(千葉県)

千葉県市川市八幡にある葛飾八幡宮では、神社境内地・周辺社有地のPokémon GOとIngressの使用を禁止しています。参拝目的で来ている方が多いため、ゲーム目的で境内に入ると迷惑になってしまうため注意しましょう。

◎ 伊勢神宮(三重県)

> 神宮の中では生き物を捕まえることはできませんし、人の入れない場所もあります。森の中にいるポケモンは捕まえずに、できればそっとしておいてあげてほしい(引用:NHKニュース)

禁止と明言するのではなく、捕らずにそっとしておいてほしいと言われてしまえば、トレーナーも捕まえるわけにはいきませんよね。

◎ 金刀比羅宮(香川県)

「こんぴらさん」で有名な金刀比羅宮ですが、ホームページ上でPokémon GOは危険防止のため、遠慮してほしいとの記載されています。境内には石段があるので歩きスマホはやめましょう。

◎ 出雲大社(島根県)

出雲大社は、神社境内地、周辺社有地及び国造館敷地などでのPokémon GOを禁止にしました。

◎ 熊本城(熊本県)

一連の地震で被害が出た熊本城にて、男性が立ち入り禁止区域にポケモンを捕まえるために入ろうとした事件が発生。これを受けて任天堂に、熊本城をゲームの対象から外してもらうよう市が抗議しました。記事執筆時点では、返答は出ていませんが特別な理由がない限り、禁止区域に立ち入るのはやめましょう。

◎ 宮崎神社(宮崎県)

宮崎神社でも早速、注意書きを掲示しました。参拝中のポケモンとはなんとも可愛いらしいです。ポケモンだけでなく、周りの自然に目を向けてみると新たな発見があるかもしれません。

◎ 南大阪動物医療センター(大阪府)

神社や寺院ではありませんが、大阪府の動物医療センターではポケモンを捕獲しないよう注意を呼びかけています。

◎ 富岡製糸場(群馬県)

2014年に世界遺産に登録されたばかりの「富岡製糸場」は禁止にはしていませんが、立ち入り禁止区域には入らないように注意を呼びかける看板を設置しました。

◎ 仙台育英高校(宮城県)

甲子園に何度も出場している仙台育英高校では、ポケモンも勉強しているため捕まえるのはやめてほしいという張り紙を掲載しています。頑張って勉強しているポケモンを捕まえるのは、ポケモンマスターでもさすがにできませんね。

■ ポケストップやジムの削除や変更の申請

私有地や立ち入り禁止区域にポケストップ、ジムを削除してもらいたいときはジムを削除してもらいたいときは、削除のフォームから申請ができます。

■ 歩きスマホ、ダメ絶対!

Pokémon GOはゲームの性質上、外に出歩かないと楽しめません。しかし、画面に集中するあまり周りが見えなくなってしまうこともあるため、遊ぶときは注意してください。また、歩きスマホは思わぬ事故につながるため、ポケモンを見つけたときは立ち止まってプレイしましょう。

(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)