上海市公安局黄浦分局の警察官が豫園をパトロールしていたところ、地表温度が40度という炎天下で、5〜6歳の女の子が環境清掃員の母の手伝いで道を掃いているのを見かけた。

写真拡大

上海市公安局黄浦分局の警察官が豫園をパトロールしていたところ、地表温度が40度という炎天下で、5〜6歳くらいの女の子が環境清掃員の母の手伝いで道を掃いているのを見かけた。人民網が伝えた。

【その他の写真】

警察官はとても真面目に仕事をしている娘とその母親に2本の水を手渡すと、2人に休憩をとるようにアドバイス。本当は一人ひとりがごみのポイ捨てに気をつければ、環境清掃員はこれほど苦労することはないのだ。(提供/人民網日本語版・編集JK)