ハワイ生まれのSUPアーティストが描く水面ギリギリの芸術

写真拡大

サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティスト。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特技を融合した作品制作で話題を呼んでいます。

SUPの上で絵を描く
元サーファーならではの技法

アーティストSean Yoro(通称Hula)は、グラフティやタトゥーイングに没頭するまで、10代のほとんどをサーフィンに費やしてきました。「ボクの周りには、ハワイの自然しかなかった」と語る彼ならではの手法が、SUP(スタンドアップパドル)で移動しながら、廃墟となったビルの壁面や、使われなくなった橋脚にペイントを施していく唯一無二のスタイル。

水面に着くかつかないか、ギリギリの位置から描くモチーフは写真と見紛う女性像です。

心の傷と向き合い
自然界と向き合う
ハワイ部族のタトゥー

彼女たちの頬や腕、胸元をよく見ると、パステルカラーのラインが見えます。これは、ハワイ部族の伝統的なトライバルタトゥーなんだとか。

ハワイでは、部族によっては今も成人になると各家ごとに継がれてきた「アウマクア」と呼ばれる守護神(もしくは先祖の神)を、タトゥーとして体に刻む風習があります。そして、先祖が魂になると自然界の動植物へと姿を変え、子孫を見守っていると信じられてきたようです。

「この引っかき傷のようなタトゥーを刻むことで、誰もが抱え込んでいる人生の傷跡を表現したかったんです。その心の傷とどう向き合うか、大切なのはその美しさであり、重要性だと思うから」。

と、Hulaのメッセージを「Huffington Post」が聞き出していました。

作品はどれも時間の経過とともに色が落ち、朽ちてしまうものばかり。それでも彼は意に介さず、「自然がするままを楽しんでほしい」とひと言。

最後にアウマクアへの意識、自然界とのつながりをもうひとつ紹介しましょう。

Hulaの作品に用いる絵の具は、すべてアルカリ精製された亜麻仁油や紅花油など、天然顔料をベースにしたオーガニックな製品。人にも水生生物にも無害なものを使い、流れ出ても海や川を汚さない。それは、海とともに生き、海を愛するハワイアンのこだわりなんでしょうね。

Licensed material used with permission by Hula