中国では1980年から89年の間に生まれた人が「80後」と呼ばれる。現在、社会に出て、結婚し、子供を設ける年齢になっている「80後」は、どのような暮らしを送っているのだろうか?

写真拡大

中国では1980年から89年の間に生まれた人が「80後」と呼ばれており、一人っ子政策の施行が始まった世代として今までさまざまな「レッテル」が貼られてきた。現在、社会に出て、結婚し、子供を設ける年齢になっている「80後」は、どのような暮らしを送っているのだろうか?人民網が伝えた。

■教育レベルが高いほど幸福感もアップ
統計によると、アンケートに回答した80後の約3分の2が高等教育を受けており、受けた教育水準が高いほど、幸福感も高かった。また、受けた教育水準に、男女差はあまり見られなかった。

4ポイント満点の幸福感評価では、最高学歴が大学院の回答者の幸福感が3.42ポイント、学部卒が3.34ポイント、専科(短大)卒が3.3ポイントだった。その他、調査では、受けた教育水準が高い人ほど、自分の健康に対する評価が高いほか、知らない人に対する信頼感も高いことが分かった。

■4割が「転職したことがない」
80後は「責任感が欠如している」とのレッテルを張られたこともある。しかし、調査によると、80後は仕事に対して非常に「忠実」だ。回答者の4割以上が「仕事を変えたことはない」と答えたほか、「1〜2回変えた」との回答も約3割あるなど、就労状態は全体的に安定している。復旦社会学院の胡湛準教授は「80後は、マイホームや車を買い、一家を養うという経済的ストレスを抱えると同時に、その他のさまざまなストレスも抱え、それらが彼らを円熟させ、個性と魅力を備えさせている」と分析している。

■平均年收96万円
所得面では、回答者の平均年收は6万元(約96万円)で、中央値は5万元(約80万円)。上位10%は12万元(約192万円)以上、上位1%は30万元(約480万円)以上だった。胡準教授は80後の就労状況は「高所得は学歴次第、出世は時期の早さ次第」と分析している。回答者の所得水準は、明らかに受けた教育水準が高くなるほど高くなっており、そのうち高所得の割合は、最高学歴が学部卒が43%、大学院卒が78%だった。

しかし、調査結果を見ると、最高管理職に就いている80後の最高学歴のほとんどが高校か大学(専科・学部)で、大学院はほとんどいなかった。

胡準教授は、「修士課程や博士課程を修了した80後のほとんどが、社会に出たばかりで、そのほとんどが大きな事業単位(国家が社会公益目的のため、国家機関により運営あるいはその他組織が国有資産を利用し運営するもので、教育、科学技術、文化、衛生などの活動に従事する社会サービス組織)に就職しているため、短期間のうちに最高管理職に就くのは難しいためだろう。一方、最高学歴が高校や大学の80後は既に社会に出て何年も経っており、出世するための十分のキャリアを積んでいるからだ」と分析している。

■両親の受けた教育水準が高い80後ほど高收入
調査では、両親の受けた教育水準と、子供の所得の水準には明らかな関係があり、両親の受けた教育水準が大学以上の80後の半数が高收入であることが分かった。なかでも、母親の受けた教育水準との関係がより強かった。胡準教授は「子供のために、男性は自分より学歴の高い女性と結婚したほうがいいのかもしれない」とユーモアを交えて分析している。(提供/人民網日本語版・編集KN)