ボディUVの「ボトル塗り」は、効果UPで節約にも!

写真拡大

ボディに日焼け止めを塗るときは、ボトルから直接塗るのがおすすめ、とコスメコンシェルジュの小西さやかさん。

【写真を見る】くるくるとらせん状に伸ばし、全体になじませて

「日焼け止めをいったん手にとってからボディに塗ると、手の皮ふのほうにも日焼け止めを奪われてしまう分が損に。ボトルから直接出して塗るほうが、しっかりとつけることができ、量も節約できます。きちんと測量して発表された論文もあって、科学的にも証明されてるんですよ」。やり方はいたって簡単な2ステップ。

(1)日焼け止めのボトルを持って、ボディに当て、適量を肌に伸ばす。

(2)伸ばした日焼け止めを、親指以外の4本の指で、くるくるとらせん状に伸ばして、全体になじませる。

伸ばすときに指の「第1関節まで」で伸ばすのが節約的にはポイントだそう。ぜひマネしてみて!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】