お宅は多いor少ない?「子どもとの会話時間」2位30分未満、では1位は

写真拡大

小さな子どもは、お喋りな場合が多いものです。帰宅すると真っ先にその日あったことや友達のことを両親に正直にいろいろ教えてくれる場合も多いでしょう。

でも年齢が上がるにつれ、親に言えないことはだんだん増えてきます。「最近子どもとの会話が少ない」とお悩みのママもいるでしょう。では一般の家庭では、子どもとの会話時間がどのくらいあり、どんな話題について話しているのでしょうか?

幼児・小中学生を対象としたサッカースクールを運営するクーバー・コーチング・ジャパンが、同校の保護者223名を対象に行った「“親子のコミュニケーション”についての調査」の結果をご紹介します!

 

■“子どもとの会話時間”最多は1時間〜2時間

まず、「お子さんが学校のある日、お子様との会話時間はどのくらいですか?」と尋ねると、

1位・・・1時間〜2時間(46.2%)

2位・・・30分未満(28.3%)

3位・・・2時間〜4時間(21.1%)

という結果でした。1位は1時間〜2時間。学校や習い事から帰ってきて、宿題をしている時に会話したり、その後テレビを観ながら……という家庭も多いかもしれません。

フルタイムで共働きの家庭では、帰宅が遅いことも考えられるので、意識してコミュニケーションを増やさないと、これより少なくなってしまう可能性もあります。

2位は30分未満。中学生の家庭では小学生より短い可能性もありそうです。3位は2時間〜4時間で、かなり密なコミュニケーションを取っているようです。

次に、「お子さんとの会話で、どのような話題が多いですか?」と尋ねると、1位はやはり「学校」で78%。2位は「運動」(68.2%)、3位は「友達」(42.2%)という結果でした!

さて、お宅では子どもとの会話時間が何分くらいで、何について話し合うことが多いでしょうか? 普段あまり気に留めていないかもしれませんが、これを機会に毎日どのくらい、何について話しているのか考えてみてはいかがでしょうか?

 

■母親と父親の“子どもとのコミュニケーションの違い”とは

では、親が子どもと話す時に“気をつけていること”は一体何でしょうか?

「お子様との会話で最も気をつけていることは何ですか?」と尋ねると、母親と父親ではかなり回答に顕著な差が表れていることが判明しました。

上記の表を見てわかるように、母親では「最後まで聞く」が57.1%。父親は38.1%で、どうやら父親は子どもの話を最後まで聞こうとしていない傾向が母親より高いようです。

他のカテゴリーでは、「喜ぶような話題」を始め、父親の回答が上回っていますが、唯一「雰囲気作り」は母親が上。女性はやはり、家庭の雰囲気を演出するのが上手なんでしょうね。

 

■“家族の時間”がコミュニケーションをスムーズにする

子どもと親が一緒に過ごす時間はとっても大切。でも、思春期にもなってくると、会話がちぐはぐになったり、会話の糸口がつかめなくなってしまうこともあります。

そんな時は、ただ家で会話をしようとするよりも、親子一緒に何かを経験することで突破口をつかんではいかがでしょうか?

『WooRis』の過去記事「“たまにはいっか”も大事!子どもを健康的に育てる為の親がすべきこと4つ」でお伝えしたように、スマホやパソコンをいじったり、テレビを観る時間を制限して、“家族が一緒に外で遊ぶ”ことは大事。

キャンプに出かける、旅行に行く、一緒にスポーツやアクティビティに挑戦するなど、親子が一緒に思い出作りができる機会はたくさんあります。もし会話時間の“分数”自体が少なくなっても、一緒に過ごす時間の質が高ければ、それでいいのではないでしょうか?

休日には、親が大人として楽しみたいことだけでなく、子どもと親が一緒に楽しめるアクティビティをすることで、自然に会話も生まれていくはずです!

 

以上、親子のコミュニケーションに関する調査結果と、子どもとの会話の糸口をつかむ方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

子どもの成長につれ、親子のコミュニケーションの仕方も変わってきます。「前はこんな風じゃなかったのに……」と思うこともあるかもしれませんが、愛しい子どもと今、この瞬間を楽しめるよう心がけて、その時々で親としての最善を尽くしていきましょう!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 「子どもに禁句の言葉」ランキング! 1位は罪悪感を植え付けるあのセリフ

心理カウンセラーが教える!“将来リーダーに育つ”子どもの特徴3つ

頭が良くなるだけじゃない!「寝る前の絵本の読み聞かせ」5つのスゴイ効果

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ キレイママがこっそり使っている「100%天然シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 親子揃って英語力アップ!おうちでできる「英語の勉強法」3選

※ 夫が「絶対許せない」妻の謝り方は…3位子どもをダシに使う、1位は

 

【参考】

※ 「親子のコミュニケーション」についての調査 - クーバー・コーチング・ジャパン

 

【画像】

※ Kinga / Shutterstock