海岸巡防署提供

写真拡大

(屏東 26日 中央社)屏東県の漁業関係者10人が26日朝、南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の太平島に上陸した。同島の領有権を内外にアピールするのが目的で、25日夜に島の埠頭(ふとう)に寄港していた。

太平島をめぐっては、常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)が12日、同島を「岩」とする判決を下したが、政府は「中華民国(台湾)に対する法的拘束力はない」とこれに反発。20日には与野党の立法委員(国会議員)8人が島を視察している。

上陸した漁業関係者が行動できたのは埠頭のみで、それ以外の区域に入ることは許されなかった。また、太平島に到着した漁船4隻のうち、香港メディアの関係者を同乗させた船は寄港せず、上陸も果たせなかった。漁船は淡水などを補給後、26日午前11時頃に太平島を離れた。

国防部(国防省)によると、太平島は軍事管制区域で、上陸には事前に同部への許可申請が必要。今回、漁業関係者は例外措置である「緊急避難」の名義で上陸した。

(郭シセン、呂欣ケイ/編集:杉野浩司)