今回のお手本「キャベツバーグ」/調理:小田真規子 撮影:馬場敬子

写真拡大

食べ盛りの中学生の長男はいつも空腹。夏休みで食事の回数が増える、彼のおなかも大満足するような、ボリュームのあるおかずを作りたい! でも野菜も食べさせたい。そこで、キャベツたっぷりのヘルシーハンバーグを【作ってみた】。

【写真を見る】写真A キャベツは粗みじん切りにしてレンチン加熱

■材料

材料は合びき肉、キャベツ、ソースの材料、バター、パン粉、塩コショウ、サラダ油。うちでいつも使う牛乳と卵はなくて、つなぎナシで大丈夫かな?と少し不安に。

■下ごしらえはキャベツの量にびっくり

キャベツは2/3量を粗みじん切りに(写真A)。耐熱皿に広げ、バターをのせてラップをかけずに電子レンジで約2分加熱し、粗熱を取る。残りの1/3量はざく切りにする。ボウルにひき肉、パン粉、塩、コショウを入れてよく混ぜ合わせる。粗みじんのキャベツを加えて粘りが出るまで1〜2分、よく混ぜる(写真B)。

あまりのキャベツの多さに一緒に作った娘は「まだキャベツ入れるの?キャベツモリモリだね……」と驚いている。

平たいだ円形にまとめ、中央をくぼませる(写真C)。キャベツたっぷりなので、まとまるか心配だったが、粗みじんで加熱しているので、思ったよりもしっかりまとまった。

■フライパンで表面だけ焼く

フライパンに油を熱し、ハンバーグを並べて空いたスペースにざく切りキャベツを入れる(写真D)。両面を2分ずつ焼いたらいったん取り出す。ハンバーグは表面を焼いただけなので、崩さないようにそっと取り出す。キャベツはしんなりしたらお皿へ。

■ソースで煮ると完成!

フライパンの油をペーパータオルで軽く拭き取り、ソースの材料を加えて混ぜる。煮立ったらハンバーグを戻し入れ、途中上下を返して約5分煮たら(写真E)、ボリューム満点ハンバーグの完成♪(写真F)

■家族の感想

作っているときは、肉より多いキャベツの量にびっくりしたけれど、食べごたえがあってコレいいかも! つなぎの牛乳や卵なしだったが、キャベツの水分が効いて、しっかり粘りのあるハンバーグに。

家族は「ワインがきいていて、お店のハンバーグを食べているみたいに美味しい」と大喜び♪ ソースもとっても簡単に作れるし、わが家の定番ハンバーグになりそう。

■食べ盛りの子どもやダイエット、ママ友とのおうちランチにも◎

少ないお肉でボリュームたっぷりのハンバーグができるので、食べざかりの子どもがいる家庭にはぴったり! キャベツたっぷりなのでヘルシーで、おなかも大満足なのでダイエット中にもオススメ。ママ友とのおうちランチにも喜ばれそうなので、ぜひ作ってみたい♪

文=わんたる【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】